日産スカイライン、ベンツエンジン搭載の衝撃 ダイムラーとの提携進めるゴーン氏のしたたかな戦略

印刷

   日産自動車がスポーツセダン「スカイライン」に「メルセデス・ベンツ」のエンジンを搭載したことが、反響を呼んでいる。日本経済新聞など新聞各紙が詳報し、NHKも全国ニュースで取り上げた。

   スカイラインは日産を代表する看板車種で、日本車メーカーが主力モデルに他社メーカー、それも外国車のエンジンを載せるのは前例がない。これには、世界を代表する高級車メーカーである独ダイムラー(メルセデス・ベンツ)との提携を進める日産ルノー連合(カルロス・ゴーン会長兼CEO)のしたたかな戦略がある。

日産のニュースリリースを眺めてもどこにもない

ベンツのエンジンでスカイラインはどう変わるか
ベンツのエンジンでスカイラインはどう変わるか

   日産が発表したのは、2014年6月5日に発売するスカイラインの追加モデル「200GT-t」。2014年2月発売の現行スカイラインは日産製のエンジン(VQ35HR型)を積んだハイブリッドモデルだが、「GT―t」はメルセデス・ベンツEクラスと同じ2リッター直列4気筒のガソリンターボエンジンとなり、欧州で流行のダウンサイジングがセールスポイントだ。

   ところが、「GT―t」のカタログはもちろん、日産のニュースリリースを眺めても、エンジンがダイムラー製だという表記は見つからない。日産の公式発表には「高出力・低燃費・軽量な次世代ターボチャージャー付ガソリンエンジンを搭載」とあるだけだ。唯一、メルセデス・ベンツのエンジンとわかるのは、カタログの「エンジン主要諸元」欄のエンジン形式に「274930」と、見慣れない型番があることだ。

   この数字はメルセデス・ベンツのエンジン形式で、274型は現行のEクラスに搭載する2リッター直列4気筒ターボエンジンを指す。「GT―t」の出力、トルクはメルセデス・ベンツE250と同じだ。

心臓部のエンジンは自社開発というのが、これまでは不文律

   日本の自動車メーカーにとって、心臓部のエンジンは自社開発というのが、これまでは不文律だった。最近ではトヨタ自動車が富士重工業(スバル)の水平対向エンジンを共同開発のスポーツカーに搭載するなど、エンジンの共有が少なからずあるが、OEM(相手先ブランドによる受託生産)などを除けば、日本の国産乗用車に外国メーカーのエンジンを搭載する例などなかった。他メーカーのエンジンを積むことは、「メーカー自らのアイデンティティーを否定することになり、クルマを白物家電化することにつながりかねない」(メーカー関係者)からだ。日産のサラブレッドであるスカイラインともなれば、日産以外のエンジンにユーザーの抵抗があってもおかしくはない。

   もっとも、高級車メルセデス・ベンツのエンジンとなると話は別だろう。定評あるスカイラインのシャシー(足回り)で、メルセデス・ベンツの最新エンジンを味わうことができるのは、ユーザーにとって福音に違いない。

同じエンジンを自社開発すると「100億円」

   日産ルノー連合は、2010年4月、ダイムラーと株式を3.1%ずつ持ち合うほか、エンジンを共同開発するなどの戦略的提携を行った。この中でダイムラーは日産の高級ブランド「インフィニティ」向けにガソリンエンジンとディーゼルエンジンを供給することで合意。この中で「エンジン領域の協業は、それぞれのブランド・商品のアイデンティティーを尊重すると同時に、コスト競争力を目的に進める」と表明していたのだ。今回のスカイラインは、まさにその具現化の国内第1号といえる。

   現行スカイラインは海外では「インフィニティQ50」として販売し、日本国内でもフロントグリルにインフィニティのオーナメントを冠するなど、実質的にインフィニティブランドとなっている。日産は今後、米国でメルセデス・ベンツのエンジンを共同生産し、両社の高級車に搭載する計画だ。

   日産が今回と同じ高効率エンジンを自社開発するとなると、「100億円ほどの費用がかかる」(自動車メーカー関係者)という。その開発コストを抑え、メルセデス・ベンツのクウォリティーをインフィニティに取り込むことで、日産は世界で自らのブランド力を高める戦略だ。スカイラインは、その第一歩となる。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中