ユニクロ、秋冬物5%程値上げ 8月から、全商品対象は初めて

印刷

   ファーストリテイリングが、カジュアルウェアの「ユニクロ」の秋冬向けのすべての新商品について、従来品に比べて5%程度値上げすることが2014年6月10日、明らかになった。綿やウールなど原材料の高騰に加えて、円安によって海外で製造した商品の輸入コストがかさんでいるため。

   ユニクロが、すべての商品を対象に価格を値上げするのは初めてだが、販売価格は4月の消費税増税で3%アップしており、消費者にとっては負担増が重なることになる。

   商品の一部は7月からの値上げとなるが、8月以降順次、主力の新商品を投入し、切り替えていくという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中