横浜FC、サポーターに無期限入場禁止処分 試合後の「お尻ペンペン」問題視

印刷

   2014年6月7日にニッパツ三ツ沢球技場(横浜市)で開催されたサッカーJ2の横浜FC対V・ファーレン長崎戦で、横浜FCのサポーターが「侮辱的かつわいせつ的な行為を行った」として、横浜FCは2014年6月10日、該当のサポーター1人について、6月14日のコンサドーレ札幌戦以降全ての公式戦で無期限の入場禁止処分を科すと発表した。

   問題のサポーターは試合終了後の19時頃、横浜FCの選手がホームゴール裏席にあいさつに行った際、選手に罵声を浴びせた後、パンツを尻の半分程度まで下ろした状態で自ら尻を叩いたという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中