サッカー敗戦でソウル市内に大量のゴミ 日本サポーターのまね「長続きしなかった」

印刷

   サッカーW杯ブラジル大会で韓国対アルジェリアの試合が行われた2014年6月23日、試合後にソウル市内の広場や野球場、道路に大量のゴミが溢れる事態になった。

   ライブビューイングが行われた場所で、韓国が負けた腹いせにサポーターがゴミを持ち帰らずにその場にぶちまけたらしい。18日のロシア戦では日本のサポーターが行ったように、試合後ゴミ拾いをする姿が報道されたが、このスタイルは長続きしなかったようだ。

怒号を発し、缶ビールを投げ付ける

   今回のワールドカップの前半の話題はなぜか日本人サポーターのゴミ拾いに集中した。6月15日に行われた日本対コートジボワール戦で日本は1-2で敗れたにもかかわらず、スタジアムのゴミを拾って帰ったとし、世界中のメディアが写真付きで「上品な行動だ」「尊敬に値する」などと絶賛した。韓国の通信社最大手、聯合ニュースも「日本のマナーの良さが称賛されている」などと珍しく日本を讃えていた。

   韓国のネットでは「ただのパフォーマンスだろ」「掃除人の職を奪う行為だ」といった批判もあったが、6月18日のロシア戦引き分け後に、ソウル市内のライブビューイング会場や道路で、多くの韓国人サポーターがゴミ拾いをする姿が目撃された。「日本人のマネ」ではあっても良い事ならば広めるべきだとの意見が韓国内のネットにも出ていて、これが習慣になればとの願いもあった。

   ところが6月23日のアルジェリア戦で負けた後にとんでもないことが起こった。朝鮮日報の14年6月24日の日本語電子版によれば、街頭や広場、野球場でパブリックビューイングが行われたが、韓国が失点するたびに怒号を発し、ところ構わず缶ビールを投げ付けたり、試合が終わると怒ってゴミを放置してその場を立ち去ったりするケースが非常に多く目に付いた、と書いている。会場の設営や清掃などのボランティアをしていた大学生によれば、出たごみの量はロシア戦のおよそ2倍。米国人の観戦者(32)は「理解できない」とし、

「たとえ自国の代表が惨敗しても、自分が持ってきたごみくらいはなぜ持ち帰らないのだろうか」

と語ったとしている。

「ただのパフォーマンスではかえって恥になる」

   このゴミが溢れかえる様子は中国のネットメディア、「鳳凰網」や「網易」が写真付きで報じ、野球場や街頭に残飯やビニール袋、空き瓶、空のペットボトルなどが激しく散乱、ゴミ捨て放題の様相だ。そして、写真を見る限りではロシア戦の後にゴミ拾いをしていたというサポーターの姿は見当たらない。「網易」は「ゴミの掃除はしていなかった」と紹介し、レコードチャイナは「日本のまねをしたはずじゃ…?」といった見出しを掲げ、

「韓国人サポーターもロシア戦ではごみ拾いをしたと伝えられたが、長くは続かなかったようだ」

と書いている。

   ただしゴミを拾わなかった人は全くいなかったというわけではないようだ。中央日報は14年6月23日の日本語電子版に、ソウル光化門広場で試合観戦後にゴミを片付けている韓国サポーターと見られる写真を掲載し、「サッカーの試合は負けてもゴミ拾いは勝利した大韓民国」という見出しを掲げている。しかし、朝鮮日報や他の報道とはかけ離れている記事だという批判が起こっていて、この記事のコメント欄には、

「世界が皆が見ているから、だけのパフォーマンスではかえって恥だぞ」
「せっかく始めたんなら続けないと意味ねーぞ。真似するんなら、ゴミ拾いを定着させるところまで真似してみろ」
「ここまで散らかすんだから多少ゴミを拾っても意味ないのでは?まずは散らかさない民度を作るのが先だな」

などといった批判的な意見が書き込まれている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中