ザッケローニ監督、去就明言せず W杯は敗退

印刷

   サッカー日本代表のアルベルト・ザッケローニ監督は2014年6月25日、ワールドカップ(W杯)ブラジル大会でのグループステージ敗退を受け会見したが、自身の去就については明言しなかった。

   「日本に帰ってから、とどまるか去るかを(日本サッカー協会の)幹部と話し合う」と述べるにとどめた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中