役員報酬12億9200万円、ゴーン社長抜きトップ 「キョウデン」橋本氏とは何者か

印刷

   2014年3月期に1億円以上の報酬を受け取った役員がいる上場企業は、189社、359人で、企業の好業績を反映して、有価証券報告書への記載が義務付けられた2010年3月期以降、最多となった。

   東京商工リサーチの調べによるもので、報酬額のトップは、キョウデンの橋本浩最高顧問の12億9200万円。13年の役員報酬額のトップだった日産自動車のカルロス・ゴーン社長を追い抜いてしまった。

かつては企業再生事業を手がけていた

キョウデンの創業者、橋本浩氏が役員報酬でトップに!(画像は、キョウデンのホームページ)
キョウデンの創業者、橋本浩氏が役員報酬でトップに!(画像は、キョウデンのホームページ)

   橋本氏は、役員報酬の歴代ランキングでも、12年3月期にカシオ計算機の樫尾俊雄氏が受け取った13億3300万円に次ぐ、第2位となった。

   とはいえ、あまり聞きなれない「キョウデン」なる会社の創業者が、12億9200万円もの役員報酬を受け取ったというのは驚きだ。いったい、どんな会社で、橋本浩氏とはどんな人物なのだろうか。

   キョウデンは、橋本氏が地元・長野で立ち上げたプリント基板の設計・製造などを手がける会社。東京証券取引所第2部に上場する。現在、社長は山口鐘畿氏。2014年3月期の売上高は412億5800万円、最終利益は4億3800万円だった。「イメージをカタチに」「可能性を製品に」を掲げ、グラスファイバー事業や耐火物事業、工業材料事業なども国内外で展開する。

   橋本氏は主力のプリント基板製造の傍ら、企業再生事業に乗り出し、パソコンメーカーのソーテックや、九九プラスの第三者割当増資を引き受けたり、大手スーパーの長崎屋の事業再生も手がけたりして話題になった。また、石川県のテーマパーク「加賀百万石時代村」の跡地を買収し、「日本元気劇場」として再生させた実績もある。

   いずれにしても、キョウデンを創業して成長させた立役者であることは間違いない。

ライブ活動に汗をかくミュージシャンの顔も

   じつは企業家でありながら、「橋本ひろし」としてシンガーソングライターとして活躍。ライブ活動に汗をかくミュージシャンの顔ももつ。「キョウデン」の名前も「きょうから電気屋」から付けたというから、ユーモアのセンスもあるようだ。

   なお、東京商工リサーチの調べによると、13年3月期と14年3月期で連続して報酬が開示された役員は224人で、うち160人が13年に比べて報酬額が増えた。また、14年3月期に新たに開示に加わった人数は135人。また、5年連続で個別開示された役員は119人だった。

   橋本氏に次いで、カシオ計算機の創業家一族、樫尾和雄社長が12億3300万円。樫尾幸雄特別顧問が10億8,300万円。武田製薬工業のフランク・モリッヒ取締役の10億1600万円が10億円を超えている。毎年、高額報酬で話題となる日産自動車のカルロス・ゴーン社長は9億9500万円だった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中