HKT若田部遥さんに「ホークス勝利の女神!」の声 「解説・リポート親子共演」5戦全勝で「不敗伝説」

印刷

   福岡ダイエーホークス(現・福岡ソフトバンクホークス)で投手として活躍した若田部健一さん(41)と、長女でHKT48メンバーの遥さん(15)親子によるテレビ共演が、ちょっとした話題だ。健一さんは野球解説者として知られており、2014年5月からは遥さんがリポーターとして出演している。

   これまで若田部親子は5回共演しており、5試合ともホークスが勝っている。それに加えて、いずれの試合もホークスが一度は先制された後に逆転勝ちするというパターンで、HKTメンバーからは「勝利の女神!」といったコメントも書き込まれている。

若田部遥さんが活躍するHKT48劇場(手前左)はホークス本拠地のヤフオクドーム(奥)と目と鼻の先だ
若田部遥さんが活躍するHKT48劇場(手前左)はホークス本拠地のヤフオクドーム(奥)と目と鼻の先だ

「色々な人に、今日もプレッシャーをかけられてきました!」

   遥さんは5月7日、TOKYO MXのホークス戦中継にリポーターとして初登場し、立て続けに5月23日、6月12日、7月2日に「登板」。この時点で、遥さんからすれば「4戦全勝」だったことから、7月4日の楽天戦の放送では遥さんは

「色々な人に、今日もプレッシャーをかけられてきました!」

と若干、緊張気味だった。この日の実況を担当したのは、TBS時代は「世界のマツシタ」として知られた名物アナウンサーの松下賢次さん。画面に秋山幸二監督が映し出され、松下アナウンサーが「この秋山監督にとっては、遙さんは勝利の女神ですね」と水を向けると、健一さんは

「まぁ~、そうなりますね。ですから今日も是非、この後しっかり選手は野球をしてもらいたいですね」

と、まんざらでもない様子だった。

   試合では2点の先制を許したものの、6回に長谷川勇也選手の2点適時二塁打で追いつき、9回の鶴岡慎也選手が放った右中間二塁打で1点を追加。2対3で今季4度目のサヨナラ勝ちを決め、若田部親子にとっての連勝記録を更新した。

HKT兒玉遥「すごいな!勝利の女神や!」

   試合後、遥さんはGoogle+(グーグルプラス)で

「勝ったぁぁぁぁぁ ほんと嬉しい!! ホークスさいこーーー」
と喜びを爆発させ、HKT48メンバーもコメント欄で
「わかちゃん勝利の女神だ!」(熊沢世莉奈さん)
「すごいな!勝利の女神や!」(兒玉遥さん)

などと祝福。

   ツイッターのホークス公式アカウントも

「たしか、全て逆転勝ちのような気がします!」

と喜んだ。

   ただ、親子共演がなかった翌5日の対楽天戦は7対5で敗れ、首位にはまだ手が届いていない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中