小保方氏の指導教授「バカンティ氏」は謎だらけ 本業は麻酔医、「耳マウス」は評判が芳しくなかった

印刷

   STAP細胞の論文不正問題では、筆頭著者だった理化学研究所の小保方晴子氏をはじめ、主だった共著者が次々と謝罪会見を開いた。対照的に、表舞台に顔を出さない「主要人物」がいる。小保方氏の米国での指導教員でハーバード大教授のチャールズ・バカンティ氏だ。

   論文撤回に最後まで反対したバカンティ氏は、実は麻酔科医。再生医療の研究者としては、異色と言えそうだ。

兄に師事、2001年発表の論文は「相手にされず」

   ハーバード大のウェブサイトに掲載されているバカンティ教授の略歴を見ると、所属はブリガム・アンド・ウィメンズ病院の麻酔科長となっている。これだけでは再生医療と縁がなさそうだが、どういうことなのか。

   米ボストングローブ紙電子版が2014年2月2日、バカンティ氏の研究者としての歩みを詳しく報じていた。小保方氏らが「STAP細胞」の研究成果を発表して時の人となった直後の記事だ。麻酔科医であることから「競争が激しく、変化のスピードが速い幹細胞研究の分野で実質的には部外者」と紹介。だがむしろ専門外だからこそ、枠にとらわれずリスクを負える、また多くの研究者が過ちを恐れて研究成果を話したがらないのと比べて、自ら進んでオープンにするタイプだと好意的に評している。

   バカンティ氏の名が知られたのは、「耳マウス」の発表だ。マウスの背中に「人間の耳」がくっついている姿は一見、ギョッとする。これは、軟骨細胞をポリマーの「型」に入れて人工耳をつくり、マウスの皮下に移植したもの。組織工学の研究成果として、バカンティ氏が開発した技術のデモンストレーションをしたのだという。幹細胞の研究者は実験しようと思わない領域にも飛び込んでいく一例として、ボストングローブが挙げた。

   バカンティ氏は4人兄弟の次男。再生医療への道は、兄ジョセフ氏のおかげで開けた。小児外科や移植手術が専門で、ヒト組織工学を研究してきた兄に1980年代後半師事し、軟骨細胞の成長に関する研究をスタートさせた。経歴を見ると、当時はハーバード・メディカルスクールで麻酔科の講師をしている。この取り組みが「耳マウス」の発表につながった。その後、マサチューセッツ大学に移ると今度は弟のマーチン氏を呼び寄せ、脊椎損傷治療のための細胞研究に取り掛かった。研究は難航を極め、同僚の目も冷たかった。2001年、「胞子状の幹細胞」が生体内に存在するとの論文を発表したが、大学ではほとんど相手にされなかったという。それでもバカンティ氏は、発見した「奇妙な細胞」への期待を捨てず、研究を続行した。

再生医療分野で有力医学誌に論文発表していない

   その後、バカンティ氏は小保方氏や他の日本人研究者と出会い、「STAP細胞」の研究を加速させていくのだが、麻酔科医であるはずの同氏が、いくら専門家である兄の指導を受けたからとはいえ、大学での基礎的な知識習得の段階を飛ばして再生医療の本格的な研究、画期的な発見が可能なのだろうか。

   医療系専門紙の記者に聞くと、バカンティ氏のようなケースは異例だと答えた。「通常、自分の専門領域に特化した研究で名を知られている研究者が大半」というのだ。再生医療分野での成果についても、「有力な医学誌に論文は発表していないようです」と指摘。2001年の研究発表が同僚から不評だったことを挙げ、「この種の論文には研究仲間や資金が必要。後ろ盾が得られず、(有力誌での)発表ができなかったのでしょう」と推測する。「耳マウス」についても、周囲の評判は芳しくなかったようだ。

   「麻酔科長」を務めるほどなので、麻酔医としては優秀なのだろう。ただ、なぜ再生医療研究に身を投じることになったのか、どうも判然としない。ボストングローブ紙では「骨の発育に興味を持ったことから兄の研究室に入り、軟骨細胞の育成を始めた」と紹介している。また2003年12月30日付の米ニューヨークタイムズの記事では、バカンティ氏の「骨をつくれるか」との問いにジョセフ氏が「当然だよ」と返答し、以後研究室で軟骨細胞の分離を学び始めたと、ボストングローブ紙と似たような話が書かれており、より詳しいエピソードは出てこない。「興味を持ったから再生医療にくら替えした」では、少々説得力に欠けると言えなくもない。

   2001年発表の論文に気になる指摘もある。科学者が発表した論文で「盗作・盗用疑惑」があるものを監視しているブロガー「11jigen」氏のブログには、バカンティ論文の中に使われた画像5点について、人体の部位を解説した市販本に掲載されたものと「同一」であり「盗用の可能性があります」と書かれていた。さらにバカンティ氏らが創刊した専門誌に2011年、小保方氏が論文を発表したのだが、ここにも「画像の重複や誤った配置があった」として訂正している。

   STAP細胞論文も画像の誤った使用が原因で不正・改ざんと断定された。「師匠格」のバカンティ教授にも盗用疑惑がぬぐえないとすれば、大きな問題だろう。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中