「ローラに罪はない!」「元気な笑顔見たいよ」 父親逮捕にファンからローラ擁護の声多数

印刷

   国民健康保険の海外療養費を詐取したとして国際手配されていた、タレントのローラさん(24)の父、ジュリップ・エイエスエイ・アル容疑者(54)が2014年7月27日までに警視庁に逮捕された。

   国際手配が報じられた際もローラさんには応援の声が多数上がっていたが、逮捕されたとなるとイメージ低下は避けられないのでは、と思われた。しかし今回もやはり、聞こえてくるのは「ローラは関係ない!」「頑張れ!」の声ばかりだ。

ブログで謝罪「たくさんのお騒がせをして、ごめんなさい」

ローラさんに温かい声援が(12年11月撮影)
ローラさんに温かい声援が(12年11月撮影)

   ジュリップ容疑者は08年12月から09年1月にかけて、海外で支払った医療費が還付される国民健康保険の制度を悪用し、知人のバングラデシュ国籍の男(47、詐欺罪で服役中)に同国内の病院で診察を受けたと虚偽の申請書を東京・世田谷区役所に提出させ、約87万円をだまし取った疑いがもたれている。

   容疑者は12年8月にバングラデシュに帰国したが、14年7月23日に成田空港から入国。「家族のことが心配で」という理由で、26日に弁護士に付き添われ、杉並署に出頭したが、取り調べでは「私は100%関係ない」などと容疑を否認している。

   父親の逮捕が報じられた7月27日、ローラさんは午前中「27時間テレビ」(フジテレビ系)に生出演していた。その後報道で事件を知ったようで、夕方にブログで

「お父さんが、警察に弁護士さんと一緒に出頭しました。わたしは、悪いこと、正しいこと、すべてがはっきりして欲しいと思っています。たくさんのお騒がせをして、ごめんなさい」

と、謝罪と自分の気持ちをつづっている。

   国際手配が報じられた時はツイッターで「彼女は悪くない」「何があっても応援してる」などローラさんを擁護する声が多数投稿されていたが、逮捕された今回も同様だ。

   ワイドショーなどで「ローラの父逮捕」と取り上げられるたびに、「ローラの父って強調するな」「タレントのローラさんの父とかいちいち言わなくていいから」「ローラに罪はない」など、「事件とローラさんは無関係だ」とする声が相次いで上がっている。

   ローラさんのツイッターアカウントあてには「大丈夫よ みんなついてるからね。ローラちゃんは一人じゃないよ」「今のままの可愛くておもしろくてかっこよくて元気なローラでいてね」「又元気な笑顔見せてね、まってるからね」など、愛情あふれるコメントが並ぶ。

宮根も「ローラさんには何の関係もないこと」

   テレビ業界の人からもエールが飛んだ。7月27日放送の「Mr.サンデー」(フジテレビ系)では、司会の宮根誠司さんが「ローラさんには何の関係もないことですから、彼女には頑張ってほしい」、28日放送の「とくダネ!」(フジテレビ系)でも、司会の小倉智昭さんが「ローラの仕事に響かないといいと思いますけどねー」と話していた。

   7月28日付のサンケイスポーツには、「自分の子供だったらともかく、親の責任を背負う必要はない。家庭環境が悪くても、しっかり育っているので、逆に謹慎するんじゃなくて頑張って仕事をする方が世の中のためになる。CMのスポンサーは彼女を降ろさないでほしい」(テリー伊藤さん)、「本人が犯罪に加担していないし、連帯責任はない。変に気にするとマイナスイメージになるので堂々と仕事をし、父親とはしばらく距離を置いた方がいい」(デーブ・スペクターさん)といったコメントが紹介された。

   有名人の親族が起こした犯罪によるトラブルは、古くは故・美空ひばりさんの実弟、故・かとう哲也さんが暴力団組員となり、拳銃不法所持、傷害、暴行、拳銃密輸で逮捕されたことがあった。美空さんはこれによってバッシングを受け、NHK紅白歌合戦への出場も辞退してしまった。

   女優の三田佳子さんは1998年に次男が覚せい剤取締法違反で逮捕されたが、記者会見で「母が女優ということで未成年の息子の事件が報道されてかわいそう」、毎月50万円の小遣いをあげていたなどと話したこともあり猛批判を受けた。

   14年7月に芸能活動を再開したばかりの後藤真希さんは、07年10月に弟が逮捕され、所属していたハロー!プロジェクトを卒業する羽目になった。

   今回父親が逮捕されてしまったローラさんだが、今のところバッシングはほとんど聞かれない。

   ローラさんが許容される理由は何なのか。芸能評論家の肥留間正明さんは、「本当に今回の事件とローラさんは関係ないのだから、当たり前だ」という。現段階でわかっている情報ではローラさんは全く関与していないとみられ、詐取したとされる額もそこまで悪質ではない。「若い女の子の父親が不正をしちゃったという話で、本人は本当に何も知らなかったんだろう」という気持ちが応援につながったとみている。ローラさんが事件発覚後すぐにコメントを発表するという対応と、その中身についても「これでいいと思う。上手にやったなという印象」とのことだ。

   業界からの擁護については、「恐らく普段から良い人で、業界内の人気も高く、父のことで苦しむ姿も知られていたのだろう。仲間意識が働いたのでは」と推測した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中