「無料の氷」12キロ持ち出そうとして逮捕 店長の注意にも応じず

印刷

   茨城県阿見町のスーパーで2014年7月29日、無料の氷12キロを買い物せずに盗んだとして、男が窃盗の疑いで逮捕された。

   このスーパーでは、買い物客は食品保存用の氷を、店に置いてある袋2つまで無料で持ち帰ることができる。男は何も商品を買わず、持参した大きな袋に12キロの氷を入れて持ち帰ろうとしたため現行犯逮捕された。男は以前にも氷だけを持ち帰り、店長が注意したにもかかわらずやめなかった。

   男は「窃盗だとは思っていない」と容疑を否認しているという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中