佐世保事件と酷似のTVアニメ、放送中止 内容は、女子高生による同級生バラバラ殺人事件だった

印刷

   テレビアニメ「PSYCHO-PASS サイコパス 新編集版」(フジテレビ系)の第4話が放送されないことが2014年7月31日、公式ホームページ上で発表された。

   長崎県佐世保市で起きた女子高生殺人事件を想起させる内容だったためとみられる。

公園にバラバラ遺体を「展示」

公式ホームページには第4話に関するお知らせが掲載された
公式ホームページには第4話に関するお知らせが掲載された

   「PSYCHO-PASS サイコパス」は人類の心理状態や性格的傾向が数値化された近未来を舞台にした作品。犯罪者を捕まえる実動部隊となるも、自らが犯罪者となりかねない危険もある「執行官」と、そんな執行官を監視・指揮する「監視官」たちの姿を描いている。

   「新編集版」は2012年に放送した第1期シリーズ全22話を1時間番組の11話に再編集したもので、7月10日から深夜枠でスタートした。

   8月1日には第1期シリーズの第7話、8話にあたる内容が放送される予定だったが、前日の7月31日に「編成上の都合により休止とさせて頂きます」との告知が公式ホームページに掲載された。

   アニメの公式ツイッターアカウントによると「内容的に現在放送するのにふさわしくないという判断」があったといい、1日は第5話を繰り上げて流すという。

   突如「お蔵入り」となってしまった第4話は、女子高生による同期生殺害事件を描いたものだった。

   物語は、1週間前から行方不明になっていた女子高生が公園で遺体となって発見されたところから始まる。遺体は頭部と両腕が切断された状態で「芸術作品」のように加工され、飾り付けられていた。

   犯人は同じ全寮制の女子高等学校に通う少女だった。彼女はその後、同期生3人についても頭部などをバラバラにして「展示」。相手に恨みを持っているわけではないようで、殺人行為を楽しむような姿が印象的に描かれていた。

   女子高生が同期生を殺害するという内容、殺害後に遺体の一部を切断するという描写から、佐世保の事件を連想する人も少なくないだろう。そうした事情から、番組側は放送の自粛を決めたようだ。

   監督の塩谷直義さんは31日、「エンターテイメントを制作している以上は、時勢に関わらず放送して楽しんでもらえるモノを作り、皆様にお届けする。それが出来ないのは、ただただ監督の責任です。申し訳ありません」と謝罪ツイートを投稿している。

4話配信予定見送るサイトも

   インターネット上では公式発表前から放送休止が危惧されていた。実際に休止が決定すると、楽しみにしていたファンから賛否の声が寄せられた。

「流石に今あの内容をやるのはね」
「それだけ社会を騒がせているということだからしょうがない」
「適切な判断だと思います」
「放送してあらぬ批判を受けるよりはマシ」

などと理解を示す声も多いが、

「やめてよ めっちゃ楽しみしてたのに!!!!」
「これ休止されると前後の話が完全に繋がらない」
「そもそもサイコパスは、世の風潮が妙な方向に走ってるから、その警告も含めた風刺もしている作品なのに、残念だ」

といった声も目立つ。

   公式ツイッタ―によると、第4話はフジテレビオンデマンドで8月1日正午から第5話と同時に配信されるという。ただし、同じく配信が告知されていた「dアニメストア」ではその後、配信の見送りが発表された。

   事件を受け、残虐な場面を含むアニメの放送が自粛されるケースはこれまでにもあった。2007年には、京都府で16歳の少女が父親を斧で殺害する事件が起きた影響から人気アニメ「ひぐらしのなく頃に」が放送休止となった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中