「安楽死」目的のスイス渡航者、5年で611人

印刷

   安楽死する目的でスイスに渡航する重症患者らの数が急増していることがスイス・チューリヒの研究機関の調査で2014年8月21日までに明らかになった。調査結果は英専門誌ジャーナル・オブ・メディカル・エシックスで発表され、複数メディアが報じた。

   報道によると、2008年に123人だった渡航者は09年には86人に減少したが、12年には172人へと倍増した。急増の理由は不明だが、スイスでは自殺幇助(ほうじょ)が法律で認められており、医師が薬物を処方して、死を希望する患者が自ら使用することが事実上認められている。

   2008年から2012年の5年間では31国から611人が安楽死を目的にスイスに渡航している。平均年齢は69歳で約6割が女性。ドイツと英国からの渡航者が3分の2を占め、半数近くが神経疾患を抱えていたという。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中