ドン浅利慶太氏が稽古場に「出禁状態」? 劇団四季「現在、演出は担当していない」

印刷

   人気劇団「劇団四季」の浅利慶太氏(81)が運営会社「四季」(横浜市)の社長を退任してから約2か月半が過ぎた。退任翌日のタイミングでは「認知障害ではないか」と週刊誌に報じられ、ワイドショーを賑わせた。

   その後の浅利氏はどうしているのか。J-CASTニュースが関係筋から得た情報によると、四季の稽古場から「出禁状態」にされているというのだ。社長退任だけでなく、演出からも降ろされたことになるが、果たしてこれは本当なのか。

旧友が「認知障害」を証言

浅利氏、その後どうしている?(画像は劇団四季公式サイトのスクリーンショット)
浅利氏、その後どうしている?(画像は劇団四季公式サイトのスクリーンショット)

   浅利氏の退任が発表されたのは2014年6月25日のこと。報道によると前日24日には「劇団総会」が行われ、浅利氏自らの口から劇団員に知らされた。退任は本人の意向によるものであり、25日の取締役会で正式に受理されたとされている。後任社長には吉田智誉樹取締役が就任した。

   浅利氏は慶應義塾大学在学中の1953年、俳優の日下武史氏(83)らとともに劇団四季を結成した。海外ミュージカルの翻訳公演を日本に定着させ、全国に8つの専用劇場を持ち、年間公演数3000以上、年間売上200億円以上を誇る巨大劇団に育て上げた。

   劇団一の功労者とあり突然の引退は演劇界を驚かせたが、発表翌日に発売された「週刊新潮」(7月3日号)には

「劇団四季が悲鳴を上げた 認知障害『浅利慶太』37億円バラ撒きの欲求」

という刺激的な見出しがおどり、さらなる驚きをもたらした。

   記事では浅利氏の長年の友人である音楽評論家、安倍寧氏(81)が「彼は、軽度のアルツハイマー型認知症。正確に言えば、認知障害です」と証言している。安倍氏は浅利氏と同じ人間ドッグを利用していることもあり、専門医から認知障害だと診断されたことを知ったそうだ。

   さらに記事では安倍氏の証言をもとに、浅利氏が日本語を話せない外国人女優に日本語で必死に話しかけたり、旧知の作曲家の名前を思い出せなかったりすることが数年前からあったと報じている。こうした事情から、安倍氏は浅利氏の妻である野村玲子さんに相談した上で引退するよう本人に勧告したという。

   退任の理由については「創立60周年を迎えたことに合わせ、後継者に引き継ぐため」などと報じられているのみで、健康上の問題が影響していたかどうかは定かではない。

「出社されておりません」と明かす

   一方で浅利氏は、退任後も舞台演出の仕事は続けていく意向を示していた。劇団経営の一線からは退くものの演出家としてはまだまだ現役ということなのだろう。四季作品についても、これまでのほとんどの作品に関わってきているため、再演時には演出家として仕事を受けることが想定される。

   ところが関係筋によると、現在の浅利氏は四季の稽古場に入ることができなくなっているという。「問題のある振る舞い」のために、事実上の「出禁状態」になっているそうだ。

   認知障害の周辺症状とも捉えられるが、週刊新潮の報道では同誌が直接医師に診断内容を確認したわけではなく、本人も記事中で「そんなことはまったくない」と否定しているため、認知症報道がどこまで本当かは分からない。

   そこで四季に浅利氏の病状について聞いてみると「個人の重要なプライバシーに関するものであり、お答えは差し控えさせていただきます」として回答は得られなかった。

   ただし「出禁状態」については直接否定する言葉はなく、「現在、浅利氏は演出を担当されておりませんので、出社されておりません」とのみ答えた。「現在」という答えについて詳しく聞いてみると、退任以降に複数の演目を請け持ったことはあったが、現時点では担当がないのだという。担当作品は氏が携わった作品の再演ものだというが、今後、演出を依頼する予定について聞いてみると「今後の状況によって」だといい、今のところ決定事項はないらしい。

   なお、退任後の演出担当時に途中で下ろされたようなことや、取締役会で処分が決まったということについては「そのような事実はございません」と否定した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中