イオン、ダイエーの完全子会社化へ 15年春メド

印刷

   流通大手のイオンが、ダイエーを完全子会社にする方向で検討している。イオンは2014年9月23日、「ダイエーのさらなる再建策について検討中だが、決定した事実はない」とのコメントを発表。ダイエーも同日、「営業力強化と成長への事業改革について、イオンと完全子会社化を含む検討をしているが、決定した事実はない」とのコメントを発表した。

   営業赤字が続くダイエーの早期再建を目指すほか、主力のスーパー事業で重複する店舗網の見直しなどにグループ一体で取り組み、収益改善を図る。

   イオンは2013年8月末にダイエーを連結子会社とし、発行済み株式の44.15%(14年2月末)を保有している。ダイエーの株主にイオン株を割り当てる株式交換を行い、2015年春までに少数株主の持ち分を取得する。東京証券取引所第1部に上場するダイエー株は廃止になる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中