インド旅行中の日本人女性がエボラ感染? 現地紙が大々的に報道、今のところ「陰性」だが...

印刷

   インドを旅行中の日本人女性(27)がエボラウイルスに感染している疑いがあるとして、病院に隔離されていることが明らかになった。2014年10月6日、主要英字紙の「ヒンドゥ」(電子版)をはじめとする現地メディアが相次いで伝えた。

   仮に感染が確認されれば、日本人では初めてのケースになるとみられる上、インドでの確認も初めて。現地紙は「エボラ疑いでパニック」とまで報じており、警戒を強めている。

インド入り前にミャンマーなど訪問

日本人女性にエボラウイルス感染の可能性が指摘されている(写真: 米疾病対策センター)
日本人女性にエボラウイルス感染の可能性が指摘されている(写真: 米疾病対策センター)

   女性はミャンマーから陸路でインド北東部のマニプル州に入り、州都のインパールでエボラウイルス感染の兆候を示したという。現地の病院で行った検査では陰性だったため、血液サンプルを国立ウイルス研究所に送って詳しく調べている。女性は市内の研究機関の附属病院に移送、隔離室に収容されているという。感染経路は明らかではないが、女性はインド入りする前に、ミャンマーを含めて5か国を訪れていたという。アフリカに渡航したという報道は出ていない。

   仮に陽性反応が出て感染が確定した場合のインド国内での影響は大きそうだ。前出の「ヒンドゥ」紙は、このニュースを「エボラ疑い例がマニプルにパニック起こす」と題して報じており、陽性反応が出た際は、ホテルにいた大勢の宿泊客、病院の医師や救急隊員が感染のリスクにさらされると指摘。さらに病院関係者の話として、女性が入院している病院には完全な隔離区域が設定されておらず、この病院の患者を別の大病院に移送しなければならなくなる可能性が出てくるとも伝えている。これに加えて、マニプルに来るすべての旅行者に対して空路と陸路で「水際作戦」を行う必要も出てくる。

日本大使館では「報道は承知しており、事実関係を確認中」

   インドの健康情報を扱うポータルサイト「ヘルスサイト」も、この感染疑いの事例を報じており、(1)インドのように人口密度が高いところでは感染が広がりやすい(2)一度感染すると死亡率が高い(3)ウイルスに対する免疫がない、といった事柄を「エボラを決してインドに入れてはならない理由」として列挙し、警戒を呼び掛けている。

   在インド日本大使館では「報道は承知しており、事実関係を確認中」と話している。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中