エボラ死者、4000人突破 WHO発表

印刷

   世界保健機関(WHO)は2014年10月10日(現地時間)、エボラ出血熱が原因とみられる死者数が4000人(8日時点)を突破したと発表した。ギニア778人、リベリア2316人、シエラレオネ930人、ナイジェリア8人、アメリカ1人で計4033人の死亡が確認されている。

   感染者はギニア1350人、リベリア4076人、シエラレオネ2950人、ナイジェリア20人、セネガル1人、スペイン1人、アメリカ1人で計8399人にのぼっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中