長谷川洋三の産業ウォッチ
元オリンパス外国人社長の述懐:日本が国際化するのに必要なこと

印刷

   「EXPOSURE(さらす)」という言葉は日本の文化には馴染まないかもしれないが、日本が国際化するにはもっと外国人CEO(最高経営責任者)の意見を聞き、ナショナリズムを国際社会と融合させる必要がある――。

   「暴露」と写真の「露出」を連想させながら異文化融合の必要を説くのは元オリンパスの社長で粉飾決算を暴露して解任されたミッシェル・ウッドフォード氏。解任劇の経緯を綴った本の出版披露のため、東京で会見した。

   ウッドフォード氏が再三強調したのは、粉飾決算の解明を求める同氏に議論はまかりならないと日本人従業員にメール指示する菊川会長の行動が、「外国人CEOは日本文化を信用しない」という姿に映ったことだという。

   日産のカルロス・ゴーンに続いて武田薬品工業など増えている外国人CEO。安倍政権も外国投資呼び込みに力を入れているが、文化の共存がどこまでできるかはまだ時間がかかりそうだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中