ビートたけし監修のカルビーCMが3日間で打ち切りに 「三又が出ているポテトチップなんて・・・」

印刷

   ビートたけしさん(67)が原作・監修したCMがネット上で「ムカつく!」「買う気が失せる」などと不快感を覚える人が多く出たため、オンエアから3日間で放送が打ち切られた。

   そのCMはカルビーのポテトチップスのもので、お笑い芸人の三又又三さん(47)が登場し、爽やかなイケメン風の演技でポテトチップを食べるというものだった。

「青春ドラマ」のような演技でボールを蹴っている

   今年が「かっぱえびせん」誕生から50周年を迎えるのを期にカルビーはCMを見直ししていて、従来の商品ブランド別に制作していたCMを統一展開することになった。それが14年8月から放送されている全商品を対象としたシリーズCM「Calbeeひとくち劇場」で、ビートたけしさんが原作・監修を担当、作画は「ちびまる子ちゃん」で知られる漫画家のさくらももこさんを起用している。

   問題となったCMは記念すべき10本目のもので、三又又三さんが登場する「そのパリッ、好きだぜ」篇。お笑いコンビ「ジョーダンズ」でボケを担当していた三又さんのキャラとのギャップを楽しんでほしいと思ったのか、「青春ドラマ」のような演技でボールを蹴ったり、仲間と懇談したりする様が描かれ、最後にポテトチップスを爽やかにかじる。オンエアは14年11月10日からだったが、なぜか12日には打ち切りになってしまった。

不評を予想し別バージョンのCMを制作していた

   カルビー広報に話を聞いてみると、

「今回のCMにはネット上で賛否両論があり、評判は今一つだった。本社には『なぜ三又を起用したのか?』といった問い合わせもあり3日間で終了することになりました。こんなに早くCMを終了したのは会社始まって以来です」

ということだった。ネットで検索してみると確かに、

「三又のCMが不快過ぎてポテチへの購買意欲がゼロになる たけしのバーターとは言えこれは無い」
「カルビーのポテトチップス、三又がCMやっている間は買いません」
「ポテチのCMに三又出てんのかよ 生理的に受け付けないわ」

などといったコメントがツイッターなどに出ている。

   ただし、こうした反応が出ることはカルビー側では予想していたようだ。並行してもう一本のCMを作っていて、11月13日から流れている。先の三又さんのCM映像の一部を使用しているもので、さくらももこさんの作画のアニメをかぶせ、2人の子供が「つまんねぇCM」「ミマタ、嫌い!」とネット上で酷評されたCMを酷評するという演出になっている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中