「秒速1億」与沢氏を超える男性を見つけた!? 元カノが入籍発表、そのお相手とは

印刷

   モデルの山田るり子さん(30)が2014年11月23日、自身のブログで入籍を報告した。山田さんといえば「秒速で1億円稼ぐ男『だった』」実業家の与沢翼さん(31)の「元カノ」として知られる。

   与沢さんとの破局時にはお互い長文のブログを綴って注目を集めたが、それからわずか10か月後に別の男性とゴールインを決めた。『「お金持ちになる彼」を見つけて、育てました。』の著書もある山田さん。果たして今回結ばれた「夫」も、「お金持ち」への可能性を大いに秘めた男性なのだろうか。

「価値観・方向性の違い」を理由に破局

山田さんにはこんな著書も...
山田さんにはこんな著書も...

   山田さんは「【ご報告】入籍致しました」とのタイトルでブログを更新し、この日に入籍したことを報告した。11月23日という日取りは「大安、いいファミリーの日という事と祝日なので毎年お祝い出来るように」との理由から。

「出会った日からお互い結婚、とビビッときた運命の人と、結婚する事が出来て...とーっても幸せです」「これから良い事も悪い事もあるかと思いますが、頑張ります」

と喜びを綴っている。

   山田さんは14年1月初旬まで与沢翼さんと交際していた。与沢さんの苦しい時期を支え、与沢さんが有名になってからは「セレブカップル」としてテレビにも度々出演。贅沢な私生活を披露してきた。ところが交際期間4年を目前に、破局。ただし「円満な別れ」だったようで、互いにブログを更新し、相手への並々ならぬ感謝の思いを綴っていた。

   当時の与沢さんの目標は「1兆円を数える実業家になること」、山田さんの目標は「温かい家庭を築き女性としての幸せを手にすること」。その「価値観・方向性の違い」から2人は関係にピリオドを打ったのだという。今回の入籍により、山田さんはその時の夢に大きく近づいたというわけだ。

   気になるお相手の男性は、どのような人物なのだろうか。比較的新しいブログを見る範囲では、一つ年下の29歳であることが分かるものの、詳細ははっきりしない。ヒントとしては、「彼が会社から戻ってご飯食べて一緒に出社しました」「今は、彼が出店していた海の家も最終日なので(略)」といった記載が参考になりそうだ。なお、プロポーズは今年9月で、「本当に優しくて一途でしっかりしてて、男らしい」と、山田さんは当時のブログで絶賛していた。

相手男性も「お金持ちになる彼」なのか

   山田さんは、過去に『「お金持ちになる彼」を見つけて、育てました。』(2013年8月)との本まで出しているだけあり、仮に今は「お金持ち」でなかったとしても、こだわりはなさそうだ。が、ブログに登場した2人のデート場所やプレゼント内容から推測すると、夫は既に「お金持ち」であっても不思議ではない。

   なお、与沢さんは山田さんと別れた際、次に付き合う男性についてブログで次のように予想していた。

「彼女には素敵な彼を作ってもらい、幸せな家庭を一早く築いてもらいたいと思っています。ただ、彼女の基準は私が尋常じゃなく上げておきました(笑 本物の彼女への愛と忠誠、男としての強さ、高い教養と文化レベル、これらが全て揃う人でないと彼女の目に叶うことはないだろなと思います」

   一方の与沢さんの恋愛事情はというと、山田さんとの破局報告から5日後に新しい彼女ができたことを報告。現在も交際中でブログにも頻繁に登場する。ビジネス上では今年4月に「経営破たん」を公表し、今年9月にはビジネス情報サイトのインタビューで生活費が月5万円であることを明かしている。かつての生活とは180度違う質素な生活を送っているようだが、「ぶっちゃけ、失敗なんて余裕です」と強気の姿勢を崩していない。「1兆円を数える実業家」を目指して奮闘しているようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中