朋ちゃんとの破局はたかじんのせい? 遺言持ち出した竹田恒泰氏に「正当化しないで」の声

印刷

   明治天皇の玄孫で、その言動が度々話題になる竹田恒泰さんが、やしきたかじんさんから「歌姫はやめておけ」と遺言を受け取っていたことを2014年11月24日のブログで明らかにした。

   名前こそ出していないものの、かつて交際していた歌手の華原朋美さんについて書いたとものとみられ、ネットでは、「遺言メモのせいにされても...」「正当化しないで」と疑問の声が出ている。

「二股かけといてそのいい訳はないわ」

たかじんさんの遺言を持ち出した竹田さん(画像は11年9月放送「J-CAST THE FRIDAY」出演時)
たかじんさんの遺言を持ち出した竹田さん(画像は11年9月放送「J-CAST THE FRIDAY」出演時)

   竹田さんはブログで「やしきたかじんさんは、生前、僕宛にメッセージを遺してくれていました」とし、番組出演者やスタッフにもメッセージが残されていたという。「大胆なイメージとは別に、とても繊細な面も持っていて」と故人の思い出を語り、「たかじんさんが僕に遺してくれたメッセージは、、、『歌姫はやめておけ』」と、その内容を明らかにした。

   しかし、この「遺言」の公表には少なからぬ批判が寄せられている。「二股かけといてそのいい訳はないわ」「全部故人のせいにしとけば楽でいいよな」といったものだ。

   もともと竹田さんと華原さんが知り合ったのは13年7月の番組共演がきっかけ。華原さんが竹田さんから熱心なアプローチがあったと『女性自身』のインタビューで語るなど、交際宣言こそなかったものの、その関係はかなりオープンだった。

   その後14年3月には2人の破局が明らかに。理由については華原さんが「やっぱり感覚が違った」と語ったとスポーツ紙などで報じられる一方、「FRIDAY」で元AKB48の畑山亜梨沙さんとの「二股交際疑惑」がスクープされた。

   当時も竹田さんには厳しい批判が寄せられたが、半年以上たったタイミングでまた華原さんとの破局話を蒸し返し、その一因を「たかじんの遺言」としたことについて、ネットでは

「故人の名前を使ってこの問題を蒸し返す理由って何なんだ?」
「この人も華原朋美の話題引っ張りすぎ!!」

などと非難する声が目立つ。

自分の二股を棚上げ?

   とくに、たかじんさんの遺言を持ち出したことへの批判は多く、

「死人を盾にすんな」
「どこまで死者を利用する気やねん?」
「自分の言葉でもない、発言の責任は故人とする訳ですよね 『卑怯』という言葉がまさに適切です」

と怒りを買っている。

   また、自身の「二股疑惑」を棚に上げているとも見なされ、

「で、『AKBにせい』って、たかじんさんがメッセージくれたの?」
「意味合いが違うと思います。貴方が彼女を幸せに出来ないと言う事です。正当化しないで」

と辛らつな意見も出ている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中