タカタ、エアバックのリコール、全米規模へ

印刷

   タカタ製のエアバッグによる自動車のリコール(無償の回収・修理)問題で、米道路交通安全局(NHTSA)は2014年11月26日(米東部時間)、エアバッグのリコールを全米規模に拡大するように同社に命じた。同社12月2日までにリコールを通知することが義務付けられる。

   これにより、ホンダ、マツダといった日本メーカーにとどまらず、米フォード・モーター、クライスラー・グループ、独BMWの車両にも影響が及ぶ。

   タカタはエアバッグ世界2位。同社エアバッグの不具合に関連するリコールは2008年11月に始まり、対象台数は全世界ですでに1600万台を超えるとみられる。車両が衝突してエアバッグが作動したときに、「インフレ―ター」と呼ばれるガス発生装置の不具合で異常な破裂が起きて金属片などが飛び散り、乗っている人が負傷するおそれがある。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中