紅白「ヒット曲ないのに選ばれている人何人もいる」 小倉智昭の「不満」は誰を指しているのか

印刷

   2014年のNHK紅白歌合戦出場者がこのほど発表され、全51組が出場を決めた。V6やHKT48など5組が初めて切符を手にした一方で、常連組の不在も目立った。

   情報番組「とくダネ」(フジテレビ系)司会者の小倉智昭さんはこの人選が納得できないようで、2014年11月27日の放送では「ヒット曲出してないのに選ばれている人は毎年何人もいるよね」との皮肉も口にした。

「ぼくはコブクロとゆずがなんで落ちるのかって」

常連組の不在、「総合的に判断した」
常連組の不在、「総合的に判断した」

   27日の「とくダネ」では、前日に発表された紅白出場者を一覧で紹介した。その中で連続15回出場していた浜崎あゆみさんや、通算12回出場のaikoさんが落選したことにも触れた。

   コーナー冒頭で「どうやってこのメンバー決まるのかって毎年思いますけどね」と話していた小倉さんは、この当落を受けて次のようにコメントした。

「ぼくはコブクロとゆずがなんで落ちるのかって。分かんないっすよねえ。あれだけ人気がある2組、NHKにもゆかりがあると思うんですけどね。オリンピックのテーマソング歌ってたりしますよね。これまあ、NHKの貢献度が一番重要だとは言ってますけどね」

   コブクロとゆずの名前がないことが腑に落ちないらしい。

   コブクロはこれまでに8回出場している紅白の常連だ。また小倉さんの指摘にあるように、2月に開催されたソチ五輪のNHKテーマ曲も担当していた。ゆずも5回の出場経験があり、2013年の紅白で歌った「雨のち晴レルヤ」は連続テレビ小説「ごちそうさん」の主題歌だった。それだけにファンからも驚きや疑問の声が多々あがっている。

   小倉さんはよほど不満だったのか、皮肉めいたコメントをする一幕もあった。浜崎さんが自身の落選について「前向きなサヨナラ」などとツイートしたことに、フジテレビ芸能デスクの前田忠明さんが、

「今年はヒット曲にも恵まれなかったってことは自分でも意識してるんだなあ、ということは分かりましたけどね」

と話すと、

「だけど、ヒット曲出してないのに選ばれてる人は毎年何人もいるよね」

とぼやいた。

和田アキ子、過去10年で「あの鐘~」3回披露

   「ヒット曲出してないのに選ばれてる人」が一体誰のことを指しているのかは分からないが、今年の出演者一覧を見てみても、確かに最近のヒット曲が思い浮かばない歌手はちらほらいる。

   演歌などの大御所歌手は過去の名曲を歌うケースが多い。その中でも特に「ヒット曲ないのに」とネット上で指摘されてしまっているのが、38回目の出場となる和田アキ子さんだ。13年に歌った新曲「今でもあなた」もヒット曲とは言えない。それでいて過去10年の出場では1972年のヒット曲「あの鐘を鳴らすのはあなた」を3回も披露しており、視聴者は食傷気味のようだ。

   大御所以外でも、たとえば3年連続の出場が決まった「ゴールデンボンバー」も2009年の「女々しくて」を超えるヒット作は生まれていない。出場は本人たちも驚いているようで、ギターの喜矢武豊さんもブログで「完全に今年は無理だと思ってたからすごくびっくり」とコメント。ボーカルの鬼龍院翔さんも27日放送の「スッキリ」(日テレ系)のインタビューの中で「いつまで『女々しくて』で引っ張れるかな」と話していた。

   NHKは出演者選びの基準として「今年の活躍」「世間の支持」「番組の企画・演出」の3つを挙げている。小倉さんが名前を出したコブクロ、ゆずとも「今年の活躍」や「世間の支持」という点は当然クリアしているとみられる。そのため落選ではなく、「企画・演出」の点で折り合わずに辞退した可能性もありそうだ。

   なお、NHKは26日の出場歌手発表会見でコブクロら常連組が出演しないことについて聞かれると「ずっと出ていても今回出場しないというケースもある。いろんな要素で総合的に判断して交渉し、今日に至った」と説明した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中