「私も」「私は」「私の」... 安藤美姫またしても「自分語り」連発

印刷

   「私も母になったので」「『マイ・ウェイ』は私も躍らせていただいていて」「これすごい好きな曲」――。

   2014年12月8日に放送された歌番組に出演したフィギュアスケートの安藤美姫さん(26)が「悪いくせなんですけど」と言いながら「自分語り」を連発した。

「自分で置き換えちゃう。悪いくせなんですけど」

またしても「自分語り」してしまった安藤美姫(13年10月撮影)
またしても「自分語り」してしまった安藤美姫(13年10月撮影)

   安藤さんが出演したのは、全国の予選を勝ち抜いた一般人が自慢の歌声を披露する「歌唱王」(日本テレビ系)。審査員には小室哲哉さんや秋川雅史さん、湯川れい子さんらが並び、安藤さんは横綱・白鵬関、坂上忍さんらとともにゲスト出演した。

   参加者の熱唱に「オリジナル曲を作りたい。もっと歌がよくなる」(小室さん)、「小さな声から大きな声までダイナミックに表現できるのは大したもの」(秋川さん)、「技術よりも伝えた方がうまい」(高橋ジョージさん)と審査員が専門的なコメントをする中、ゲストには素直な感想が求められたようだ。

   実際に平愛梨さんが「持ち歌みたい!」と手放しでほめるなど期待された役割をこなしていたが、安藤さんは少し違った。27歳でことし4月に初出産をしたという主婦がKiroro(キロロ)の「未来へ」を歌うと、「私も母になったので」と話し始め、

「私は歌が下手なんですけど、子どもにスケートの表現で伝えたいと思って、『マイ・ウェイ』って曲で滑らせてもらって、私の演技で伝えるという風に思ったので、すごく親近感がわいて、やさしい気持ちになれました。ありがとうございました」

と長広舌をふるう。

   その後、別の参加者が「マイ・ウェイ」を披露すると安藤さんは大はしゃぎ。

「『マイ・ウェイ』は私も躍らせていただいていて、(フランク・)シナトラさんのボーカルでも滑らせていただいたことがあって、またそれとは違う『マイ・ウェイ』を聴かせてもらって、ちょっと私のためのステージみたいに思っちゃって...」

と延々自分の話を展開する。途中で司会の内村光良さんから「全部、自分自分に置き換えるんですね」と突っ込まれると、「自分で置き換えちゃう。悪いくせなんですけど」と笑っていた。

「安藤美姫元選手はいつも主語が自分」

   参加者置いてけぼりの「自分語り」に違和感を覚えた視聴者は多かったようで、

「なんで歌唱力選手権なのに歌唱力についてコメントしないで自分の事ばっかしゃべるの?」
「仕事なんだから癖ですませちゃいかんのでは?」
「一生懸命歌った人に対する歌のコメントゼロ。多分人の歌なんて聞いてないんだろうなって思った」

と厳しい指摘がネット上に相次いだ。

   同様の傾向は、これまでのテレビやイベント出演でもあったようだ。「子供産んでも子供より自分!自分!」「本当に自分大好きだな」と、子どもの話かと思いきや、結局自分の話だったということが多いという意見が目立つ。テレビプロデューサーのおちまさとさんはツイッターで

「安藤美姫元選手はいつも主語が自分。子供を主語に語らないかね。また今はイベントやメディアの発言も全てネットに残る。子供が10年後自分を検索しママの父親はいるんだけどいないみたいな発言テキストは何か切なくならないだろうか。そういう意味で子供の未来の為に子供を主語に語って欲しい」

と指摘している。

   安藤さんは11月26日にインスタグラムでスペインのフィギュアスケート選手ハビエル・フェルナンデスさん(23)との交際を宣言したが、子どもの父親については明らかにしていない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中