海江田、枝野、菅氏ら民主大物はどうなる 終盤情勢調査でも各紙で当落評価割れる

印刷

   衆院選(2014年12月2日公示、14日投開票)の与党の優勢が伝えられる中、新聞各紙が選挙戦終盤の情勢調査の結果を伝えている。序盤~中盤では民主党の幹部クラスの苦戦が相次いで伝えられていたが、終盤でも非常にきわどい戦いが続いている。

   特に民主党の枝野幸男幹事長が出馬している埼玉5区など、世論調査のデータを共有している新聞社同士でも判断が分かれるケースもあり、予断を許さない状況だ。

海江田氏、中盤から若干盛り返す?

終盤調査では民主党の海江田万里代表が復調したとの見方も出ている
終盤調査では民主党の海江田万里代表が復調したとの見方も出ている

   12月11日と12日にかけて、朝日新聞、日経新聞、読売新聞が調査結果を掲載。3社とも自民単独で300議席以上を獲得し、与党で3分の2を超す勢いだという点では共通しているが、いわゆる「注目選挙区」の評価が微妙に割れている。

   日経、読売は12月9日から11日にかけて行われた世論調査の基礎データを共有し、集計、分析、記事執筆を両社が別々に行った。朝日新聞の調査は12月6~9日にかけて行われた。

   選挙区別の情勢調査では、例えば「A氏とB氏が競っている」という表現の場合、一般的には先に名前が登場するA氏の方がリードしているとされる。

   民主党の海江田万里代表が出馬している東京1区では、各紙の中盤の調査では自民党の山田美樹氏が先行しているというニュアンスを伝えていた。ところが、今回の調査では、中盤調査で海江田氏劣勢を伝えていた日経は「差が縮まる」と表現し、残り2紙は

「海江田と山田、激戦」(朝日)
「山田・海江田 伯仲」(読売)

と伝えている。全体としては海江田氏が若干盛り返したようにも読める。

世論調査の基礎データを共有する日経・読売で判断割れる

   枝野幹事長が出馬している埼玉5区には自民党が大物を続々と応援に送り込み、海江田氏が「嫌がらせ」と不快感を示すほどの激戦区だ。終盤情勢は以下のように伝えられており、データを共有している日経と読売の判断が割れている。

「枝野が一歩リード」(朝日)
「枝野、牧原に後れ」(日経)
「牧原、枝野 競り合い」(読売)

   東京18区の菅直人元首相は、中盤では自民党の土屋正忠氏にリードを許していた。日経は中盤調査と変わらず自民が優勢だと伝えているが、残り2紙は、

「菅・土屋、伯仲」(朝日)
「土屋と菅が接戦」(読売)

と伝えた。菅氏にも小選挙区当選の可能性が出てきたようだ。

渡辺喜美氏はまったく劣勢を跳ね返せず

   解党したみんなの党の元幹部の状況には、大きな変化はない。江田憲司氏(神奈川8区)や、解党時の代表だった浅尾慶一郎氏(神奈川4区)については、引き続きリードしていると各社はみている。ただ、浅尾氏は、

「浅尾と山本、競り合う」(朝日)

と報じられており、差が縮まっているようにも読める。

   「創業者」の渡辺喜美氏については、

「簗を渡辺喜が追う」(朝日)
「簗が渡辺を突き放し、一歩抜け出た」(日経)
「渡辺、無党派支持伸びず」(読売)

といった具合で、まったく劣勢を跳ね返せていない。

   かつては「小沢王国」と呼ばれた岩手4区では、中盤では小沢一郎氏の苦戦が伝えられていた。だが、今回は各紙がそろって小沢氏の名前を先に出している。ここ1週間程度で「どぶ板」が奏功し、ある程度復調したようだ。

「小沢、藤原と大接戦」(日経)
「小沢に藤原が迫る」(朝日)
「小沢・藤原 並ぶ」(読売)
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中