進次郎氏、選挙特番で「引っ張りだこ」 安倍批判避けつつ、政権と微妙な関係

印刷

   第47回衆院総選挙(2014年12月14日投開票)の開票特番で露出度が際立って高かったのが、小泉進次郎復興政務官だ。与党大勝にも「もう言い訳ができない」などと表情は硬いままだ。

   解散には懐疑的な発言を繰り返しながらも、「アベノミクスの先」に何を目指すかを重点的に訴えた。直接的なアベノミクス批判は避けているが、安倍政権と微妙な距離感がうかがえる。

大半の局が20~22時の間に小泉氏に10分以上割く

   小泉氏は11月21日の解散では恒例の万歳三唱をしなかった。その理由をこう語り、多くの与党議員とは距離を置いていた。

「多くの国民の皆さんの反応の中で、(解散に対して)相当冷めている。そんな解散だと言ってバンザイをしている姿が、余計国民との心の距離を生むのではないか」

   だが、いざ選挙戦に突入すると小泉氏は応援演説に引っ張りだこに。特番でも密着取材する局が多く、事務所からの生中継と合わせると、少なくとも日本テレビ、テレビ朝日、TBS、テレビ東京が小泉氏のために10分以上の時間を割いた。大半の局が、注目度が高い20~22時の時間帯に小泉氏を特集。優先度はかなり高いと言えそうだ。

   各局のキャスターが小泉氏に期待していたとみられるのが、安倍政権への批判的な言葉だ。例えばNHKのキャスターは、

「今回の選挙の意義について有権者の理解は得られたとお考えか」

と聞いた。対する小泉氏が口にしたのは「最後まで、そこは試行錯誤の連続だった」。解散の意義に疑問を持っているようにも聞こえるが、直接の批判をしている訳ではない。

菅官房長官の出演中に小泉氏の中継が割って入る

   TBSのスタジオでは菅義偉官房長官が生出演していたが、そこに小泉氏が割って入った。恵俊彰さんが、

「ぶっちゃけ、本当は選挙やりたくなかったとか、そういうことはないんですか?」

と聞くと、小泉氏は、

「他の政治家で選挙が好きな人も中にはいるかも知れないが、私は選挙が好きかと言えば、必ずしも好きではないですね。これはきついです」

とかわした。

   唯一かわしきれなかったのが、テレビ東京の池上彰氏の直撃取材だ。神奈川11区内のコンビニで買い物をしている小泉氏に池上氏が声をかけて出演交渉してインタビューを実現させた。小泉氏が選挙を登山に例えたことを引き合いに、池上氏は、

「政治家人生の一番大きな山の頂上は何ですか?」

とけん制。小泉氏は、一度は

「(エベレストを登場した人にとって)その後見つかるのは、必ずしも高さを狙う登山じゃない。登山に終わりはないって言いますよね?政治の世界も同じじゃないですか?やはり課題がなくなる世界なんかない」

とかわそうとした。

「総理大臣になってもらいたいと思われるような政治家」目指す

   だが、池上氏が、

「大きな課題を解決する、そういう立場に立ちたいわけでしょう?」
「やがて総理大臣という言葉、何となく浮かんで来ません?」

などと畳み掛けると、小泉氏は将来的な首相への意欲を口にした。

「その立場に立てるかどうかは、自分だけで決められることではないし、やはり政治の世界には運もありますからね」
「総理大臣になってもらいたいと思われるような、信頼に足るそんな政治家になることが私が目指している政治家」

   スタジオとの中継では、小泉氏は「アベノミクスの先」という言葉の真意を、

「アベノミクスの先にあるものは、日本の将来の何なのか。そう考えれば、私が一番重要だと思っているのは、人口が減ること。人口が減るという前提の国造りは未だかつてどこの国もやったことがない。この壮大な挑戦を、いまからしっかり準備しないといけない」

と説明。やはり、アベノミクスそのものの評価は避けているように読める。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中