香港で現金輸送車から5億円の現金が落ち、奪い合い 地元メディアは「Xmasプレゼント」 日本人ならどうする?

印刷

   香港の中心部・ワンチャイ地区で2014年12月24日、現金輸送車の後部ドアが突然開き積んであった現金のケース3個が路上に落ちて日本円で5億円余りの現金が散乱した。それを見たタクシー運転手などが車を止め路上の現金を奪いあう騒ぎになり道路は交通が止まった。

   道行く人も奪い合いに参加し2億3000万円ほどが持ち去られたという。香港メディアは「大いなるクリスマスプレゼント」「夢のような光景だ」などと興奮気味に伝えたが、日本のネットではこのニュースに「日本なら無くなってもせいぜい1割くらいだろうな」「製造番号が付いているから持ち帰れない」と冷ややかで、羨ましいといった反応は少ない。

約50メートルに渡って「金銭の道」ができた

SNSに投稿された札束
SNSに投稿された札束

   香港の新聞大手・東方日報の電子版などによると、こうした「珍事」が起こったのは14年12月24日の午後1時頃で、現金輸送車はクリスマス休暇に備えATM用の現金約1億元を12キロ先まで運んでいた。そのうち後部ドアから落ちたのは3つのケースに入った約3500万元で、ケースは路上に落ちると破裂し、約50メートルに渡って「金銭の道」ができた。札はテープで一括りにされていたがそのテープが破れてしまったものもあってお札が道路一面に広がったのだという。

   この状況にまずタクシーの運転手が反応し車を止めてお札を拾いに行ったため交通が止まった。現金が落ちたことを知った現金輸送車から警備員が下りてきてあわててお札の回収を始め、お札を取られないように頑張ったものの努力は報われず、そこに歩道を歩いていた一般人も参加してお札を拾い、中には札束を抱きかかえて走り去る中年女性の姿もあったという。地元警察はお札の持ち去りは犯罪だから直ぐに返却するように呼びかけたが、返却されたのはごく僅かで、捜索を始めているものの最終的には1000万元が戻らないのではないかと報じられている。

持ち帰るかどうかで確実に民度の差は出る

   地元メディアは今回の事件についてまるでお祭り騒ぎのように扱っていて、「このような夢のような光景を初めて見ました」「一足早いクリスマスプレゼントになったようです」などと報じている。ネットには奪ったお札を写真撮影をし自慢げにアップしている人もいて、ビニール袋に入れられたお札には、50万元(日本円で800万円相当)という数字が付いている。

   日本でこうしたことが起こった場合はどうなるのか、ネットの一部では議論が起こっているが、香港のメディアが報じている「クリスマスプレゼント」などと考える人は殆どいない。

「普通は盗らないだろ。どうして数十人もの香港の人が犯罪をしたのか凄く気になる」
「さすがに両手いっぱいに抱えて逃げさりはしないと思うが、まあ目の前に紙幣が降ってきたら1,2枚は取らない自信はないな、俺」
「多分何処でもこうなると思う。民度関係ないよ。持ち帰るとかは確実に民度の差は出るけど」

などといった意見がツイッターや掲示板に出ている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中