「感動を禁じ得ません」「見識の高さですね」 パリ事件、警官遺族の訴えに日本のネットで称賛の声

印刷

   パリの新聞社「シャルリー・エブド」襲撃事件で犠牲となった警察官アフメド・メラベさんの遺族が2015年1月10日に会見した。メラベさんは、新聞社を襲撃した容疑者兄弟と同じアルジェリア系移民の家庭の出身で、敬虔なイスラム教徒だった。

   遺族は悲しみをこらえつつ、「イスラム教徒と過激主義者は違う」「どうか差別やイスラム嫌悪に向かわないでほしい」と訴えた。その冷静な発言には現地フランスだけでなく日本でも称賛の声が上がっている。

憎しみの連鎖を断ち切ろうとする姿勢

憎しみで悲しみは癒えない(画像はイメージ)
憎しみで悲しみは癒えない(画像はイメージ)

   メラベさんは7日、現場から逃走するサイド・クアシ、シェリフ・クアシ両容疑者に射殺された。8年ほど前から警察官として働いており、同僚の信頼もあつかった。勤務していたパリ11区の警察署には多くの人が献花に訪れている。

   メラベさんの遺族は「野蛮な行為に対して心が打ち砕かれた」と嘆きながらも、「自由、平等、博愛という価値を守ってくれたことを誇りに思う」とメラベさんをたたえた。

   さらに、

「過激派とイスラム教徒を混同してはいけません。モスクやユダヤ教の礼拝堂を焼いてはいけません。それは人々を攻撃するだけで、死者は戻ってこないし、遺族の悲しみを癒やすことはできないのです」

などと強く訴えた。

   フランスでは事件以降、モスク(イスラム礼拝堂)などイスラム教関連施設への「報復」とみられる襲撃が相次いでいる。7日夜に南部ポールラヌーヴェルの無人モスクに銃弾が撃ち込まれたのをはじめ、8日にも東部ヴィルフランシュシュルソーヌのモスクのそばにあるケバブ店で爆発があった。遺族の発言は新聞社襲撃事件だけでなく、その後に起きているこれらの事件をも踏まえたものと思われる。

   インターネット上に投稿された事件発生時の映像では新聞社の前で倒れるメラベさんに、追い打ちをかけるように両容疑者が発砲する様子が映っていた。家族を残酷な方法で殺害されながらも、憎しみの連鎖を断ち切ろうとする姿勢に日本のツイッターでは

「自分の身内が殺された後でこの言葉が出てくるのは凄いな...。」
「本当にその通りだと思います」
「遺族の方の見識の高さですね」
「殺害された警察官の家族の訴えに・・・感動を禁じ得ません」

と驚きの声が相次ぎ、多くが特定の人種やマイノリティーへの憎悪をもとにした犯罪「ヘイトクライム」の根絶を願った。

駐日フランス大使館も弔問受け付け

   メラベさんに対しては、「自身の信仰を嘲笑した言論を守るために自身が犠牲となった」と厳しい見方をする人もいるが、イスラム教徒を含む人々が「JesuisAhmed(私はアハメド)」のハッシュタグをつけて追悼のツイートを行っている。

   フランスの哲学者・ヴォルテールのものとされる言葉「私はあなたの意見には反対だが、それを主張する権利は命をかけて守る」を引用し、「彼こそがヴォルテールの後継者だ」と語る人もいる。

   一方、一部では遺族の発言に違和感を覚える人もいたようで、「イスラム教徒がイスラム国を排除するって宣言&実行でもしないかぎり理解は得られない」という投稿も見られる。

   また、「(遺族の発言は)広範囲でイスラム教徒に対する迫害が(テロをきっかけに)起きているという証左なんじゃなかろうか」と事態の深刻化を心配する人もいる。

   さらに日本のネットでは、「言論の自由」を錦の御旗にあらゆるものを攻撃していいのか、というメディア批判、さらにはその反論として、「だからと言って人命を奪ってはならない」という議論も起きている。

   事件の衝撃はフランスだけでなく欧州や中東に広がっており、11日午後、パリ中心部の共和国広場では160万人以上が参加するデモが行われた。フランスのオランド大統領やドイツのメルケル首相、イギリスのキャメロン首相、ヨルダンのアブドラ国王、イスラエルのネタニヤフ首相など各国首脳も参加、人種や宗教の違いを乗り越えて「言論の自由」を訴えた。

   しかし、パリを訪れたモロッコのメズアール外相が弔意を示しながらデモ参加を見送るなど、イスラム諸国も一枚岩ではない。11日未明にはドイツ北部ハンブルクで事件のきっかけとなった風刺画を転載した地元紙「ハンブルガー・モルゲンポスト」本社に何者かが放火する事件も発生した。また襲撃事件には国際組織の関与が報道され、容疑者グループの1人とされる女性の行方は12日夕現在つかめておらず、事態は未だ予断を許さない状況だ。

   なお、東京の駐日フランス大使館では、フェイスブックで弔問を受け付けている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中