坂上忍、なぜか韓国で大人気 ソウルでのベロベロぶりに「愉快なおじさん」「日本人らしくない」

印刷

   俳優の坂上忍さん(47)が韓国で注目の的になっているという。きっかけとなったのが日本国内で放送された1年以上前のテレビ番組で、2015年1月中旬ごろから韓国内のSNSを通じて拡散された。

   番組を見た韓国の人は坂上さんについて「生き方に感動した」「カッコイイ」「一般的な日本人とは違う」などと話題にしている。朝から韓国ソウルで酒を飲んでベロベロになっている姿がウケたようだ。

坂上は車が買えるくらいの現金を常に持ち歩いている

   今月中旬から韓国のSNSを通じて激しい勢いで拡散されている動画は、日本テレビ系旅番組の「アナザースカイ」で、日本では14年3月21日に放送された番組だ。これまで30回以上も訪れたソウル明洞は自分の根城であり、「何でも知っている」と豪語し、番組内で明洞での豪遊ぶりを再現して見せた。

   まず、地元の人しか知らないという路地裏のサバの味噌煮の店に行き、なみなみと注がれたマッコリを10分で飲み干した。次のブデチゲの店では韓国焼酎のジンロを計5本注文しストレートで飲んだ。酔ってベロベロで記憶の無くなった坂上さんは宿泊するホテルに一旦戻り、3時間ほど睡眠を取った後、東大門に行きまた韓国屋台でマッコリを飲んだ。

「ソウルは昭和的な酔い方をする人がごまんといる。それが正直で真っ当。日本はどんどん酔わなくなっているような気がする。仕事なんてどうだっていいんですよ。まず、飲む」

と大はしゃぎだった。

   撮影2日目の翌日も午前11時から豆もやしと飯蛸の炒めを肴に「美味い!」「最高!」と大きな声を挙げながらジンロを飲んだ。酔ったその足でメガネ店に行き10分で15本のメガネを買ってキャッシュで30万円を支払い、次はカジノでギャンブルを楽しんだ。いつも車が買えるくらいの現金を持ち歩いているそうで、懐から100万円を出してみせた。

   なぜこんなに記憶が無くなるまで飲んだり、騒ぐのかと質問されたると、まず、ソウルには自分を知っている人が誰もいないから思いのままに弾けることが可能だ、とした。さらに、

「自分の足元が安定すればするほどダメになると思ってしまうから、俳優をやり続けるため誰よりも偏っていたいんです。自分は弱い人間なので心が折れそうになると屋台で飲み倒しギャンブルしまくる。それができるソウルは自分に勇気をくれる場所なんです」

などと説明していた。

「街で見かけても知らないふりをしてあげましょう」

   韓国語のテロップ付きのこの番組がなぜ今頃になって拡散しているのかは定かではない。「韓国のお酒を浴びるほど飲む日本のおじさん」といった見出しでかなり好意的に韓国では受け入れられているのだ。坂上さんが誰なのか分からない、という人は、

「韓国人ですか?性格があまりにも日本人らしくないですね。私の周りの友達は殆どこういう人です」

といった書き込みをしている。知っている人たちは子役出身の日本人俳優だ、とか、日本のテレビで酔っぱらったまま司会をした人、稼いだ金を年末にギャンブルに使う人、マツコデラックスさんや有吉弘行さんとは違いキツイ毒舌の人、などといった説明をしている。また、韓国の人気アイドルグループ「KARA」の元メンバー、知英(ジヨン)とドラマ「地獄先生ぬ~べ~」で共演した俳優だとし「ヌーベルおじさん」と紹介している人もいる。

   この番組で韓国での坂上さん人気が急上昇しているようで、

「この方はカッコいいね...出演した作品を見つけて見てみようと思うよ」
「愉快なおじさんんですねよwwww一緒にお酒が飲めればきっと面白いことに出会えそう」
「お酒に関して自分だけの哲学がある人だなと思った。私は彼の哲学に頷くことができた」

などと好感触で受け止められている。また、韓国や韓国の料理の味を最もよく理解している日本人かもしれない、とし、

「ストレス発散を目的にまた韓国に戻ってくると思うから、彼をこの動画で知った人たちは彼を自由にするために、街で見かけても知らないふりをしてあげましょう(笑)」

などいった発言も飛び出している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中