「政権批判の自粛は翼賛体制につながる」 識者ら1200人が声明発表

印刷

   イスラム国の人質事件を受けて政権批判の自粛が広がっているとして、ジャーナリストや学者らが2015年2月9日、東京都内で会見を開いて「翼賛体制の構築に抗する」とする声明を出した。

   名を連ねたのは、社会学者の宮台真司さん、作家平野啓一郎さんら1200人で、NHKディレクターや新聞記者も加わっている。参加者らは会見で、政府が批判される社会が健全であり、批判を控えることは翼賛体制につながると主張した。声明でも、戦時中は物言えぬ空気によって破滅へ向かった、と訴えている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中