NHK、広報原稿で榎木孝明さんの母を「亡くなった」と誤表記

印刷

   NHKは2015年2月20日に放送した「ファミリーヒストリー 榎木孝明」の広報原稿に誤りがあったとして、番組公式サイト上で25日までにおわび文を掲載した。

   広報原稿で「亡くなった母の代わりに」と表記していた点について、おわび文では「榎木孝明さんのお母様はご健在です。番組の中でもそのように紹介しています」と事実関係を説明している。その上で「訂正し、榎木さんはじめ、関係者の皆様にお詫びいたします」と結んでいる。

   「ファミリーヒストリー」は、各界の著名人に焦点を当て、徹底取材により本人も知らなかった「家族史」を明らかにするドキュメンタリー番組。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中