未上場ベンチャーの資金調達 14年は6年ぶり1000億円突破

印刷

   未上場のベンチャー企業が2014年に調達した資金が、6年ぶりに1000億円を突破した。調査会社のジャパンベンチャーリサーチが15年3月3日に発表した。同社が集計したデータによると、リーマン・ショックがあった08年以降下降線をたどっていた未公開企業の資金調達は13年にようやく増加に転じ、14年の資金調達総額(金額不明の企業を除く)は前年と比べて6割近く多い1154億円となった。

   調達したベンチャー企業数は462社で、前年から16社減。1社あたりの資金調達額(中央値)は約7250万円で、13年の4000万円から1.8倍増えた。資金を調達した企業数は減少傾向だが、13年後半から資金調達額の大型化が顕著になっている。

   業種別では、IT関連が引き続き増加する一方で、バイオ・医療・ヘルスケアや環境・クリーンテックは減少傾向にある。インターネットをビジネスモデルとする企業の割合は80%を超え、調達額も増大しているという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中