深夜、男にナンパ仕掛け、薬で眠らせて... アクティブすぎる73歳女性の強盗手口

印刷

   女性が駅前で男性をナンパ、カラオケ店に誘い、薬で眠らせて現金や携帯電話を奪うという昏睡強盗事件が大阪で起こった。この事件の容疑者年齢が73歳だったことがわかると、ネット上で「どんな人なんだよ?」と大騒ぎになった。

   ナンパされたのは、66歳の男性。場所はJR天王寺駅前で、同じような被害が同地区で14年末に3回起こっていることから、警察はこの事件との関連を調べている。

  • 男性は一人で寂しかったのか・・・(画像はイメージ)
    男性は一人で寂しかったのか・・・(画像はイメージ)

同じ手口の事件が14年に3回も起こっている

   大阪府警天王寺署に取材したところ、女性は2015年3月14日の夜、「カラオケに行かない?」などと男性に声を掛けた。男性は一人で寂しかったのか、カラオケ店で女性と酒でも飲もうと、ついついそういう気になった、という。男性がカラオケ店の個室にいたのは14日午後11時半から15日の午前5時の間で、気が付くと女性の姿が消え、現金3万円と携帯電話が無くなっていた。男性が被害届を出したのは15日の午前中で、警察は捜査に乗り出した。

   実は、よく似た手口での被害が14年9月に1回、11月に2回報告されていた。2人がカラオケ店の個室で飲んだ缶入りのアルコール飲料を調べたところ、男性の缶からは睡眠導入剤が検出された。女性が飲んだ缶に付着したDNA分析も行った。

   監視カメラの映像とDNAが女性のものと一致したため警察は15年3月25日にこの女性を逮捕したと発表した。女性は取り調べに対し「全然違う。私ではありません」と容疑を全否定しているそうだが、証拠は揃っていると天王寺署では話している。余罪についても今後の捜査で明らかにしたい考えだ。

   ネットでは昏睡強盗そのものよりも、73歳で男性にナンパを仕掛け成功する女性ってどんな人物なのか、ということに関心が集まっている。

「凄いなこれ」
「魔法か催眠術か」
「アクティブババア」

などと話題になっている。

年齢よりも若く見え、元気な人らしい

   また今回の事件に関しては、「日本の高齢化社会の姿を見たようだ」などと感想を漏らす人もいる。

   どんな女性なのかに関して、天王寺署は詳細を明らかにしなかったが、「66歳の男性が自分と同じくらいの年齢だと思ったのかもしれない」「深夜に出歩いてカラオケに行くくらいだから元気な人なのではないか」と感想を漏らしている。

   JR天王寺駅前といえば元気な老人が多いようで、04年1月には73歳の女性が売春防止法違反の疑いで天王寺署に逮捕された、との報道があった。駅近くのベンチで座っていたところを男に声を掛けられ、ホテルに行き、金を受け取ったことがきっかけとなり、01年から月に数回ほど高齢男性を中心に誘うようになった。「こんなに楽してもうけられるのか」と驚いたという。ホテル代を含め6000円から1万円の報酬を受け取っていた。高齢で視力が悪かったため、最後は警戒中の警察を馴染みの客だと勘違いし売春を誘ったことで逮捕された、と新聞などに書かれている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中