武田薬品、京大とiPS細胞研究で提携

印刷

   武田薬品工業は、心不全や糖尿病、神経疾患などにおけるiPS細胞技術の臨床応用に向けた共同研究の契約を、京都大学iPS細胞研究所(CiRA)と結んだ。2015年4月17日に発表した。「T‐CiRA(Takeda‐CiRA Joint Program for iPS Cell Applications)」と称するこの提携のもと、iPS細胞技術を用いた創薬研究や細胞治療に関する研究プロジェクトが実施されることになる。

   武田製薬は京都大学iPS細胞研究所との連携で、研究開発の効率が上がることを期待する。iPS細胞の発見者で、ノーベル賞受賞者である山中伸弥CiRA所長が研究全体を指揮。武田薬品は10年間で200億円の研究費用の提供と研究の運営に対する助言を行い、神奈川県藤沢市の湘南研究所内の研究設備を提供する。

   研究人員は全体で100人程度を予定しており、CiRAと武田薬品から50人程度が参加するという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中