武田薬品、京大とiPS細胞研究で提携

印刷

   武田薬品工業は、心不全や糖尿病、神経疾患などにおけるiPS細胞技術の臨床応用に向けた共同研究の契約を、京都大学iPS細胞研究所(CiRA)と結んだ。2015年4月17日に発表した。「T‐CiRA(Takeda‐CiRA Joint Program for iPS Cell Applications)」と称するこの提携のもと、iPS細胞技術を用いた創薬研究や細胞治療に関する研究プロジェクトが実施されることになる。

   武田製薬は京都大学iPS細胞研究所との連携で、研究開発の効率が上がることを期待する。iPS細胞の発見者で、ノーベル賞受賞者である山中伸弥CiRA所長が研究全体を指揮。武田薬品は10年間で200億円の研究費用の提供と研究の運営に対する助言を行い、神奈川県藤沢市の湘南研究所内の研究設備を提供する。

   研究人員は全体で100人程度を予定しており、CiRAと武田薬品から50人程度が参加するという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中