misono、有吉の「引退詐欺」発言ショックだった ロンブー淳に「叩かれました」と泣きついていた

印刷

   タレントの有吉弘行さん(40)が歌手のmisonoさん(30)について「引退詐欺みたいなことされると、無性に腹が立つ」とラジオ番組内で批判したことを受け、後日misonoさんが「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳さん(41)に泣きついていたことが明らかになった。

   有吉さんが2015年4月26日放送のラジオ番組内で、淳さんとの会話を暴露した。

  • 「無性に腹が立つ」とラジオでmisonoさんを批判していた有吉さん(15年2月撮影)
    「無性に腹が立つ」とラジオでmisonoさんを批判していた有吉さん(15年2月撮影)

「志半ばにしてしょうがなく辞めていく連中が多い」

   4月12日放送のラジオ番組「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」(JFN系列)で、有吉さんは「引退騒動」で注目されるmisonoさんに抱いている不快感を口にした。最初はリスナーからのメールに「便乗」して「クソバカ野郎!」などとネタで罵っていたのだが、再び話題にのぼると、真面目なトーンでこう語ったのだ。

「やっぱりさ、この世界って続けたくても続けられなくて、才能あふれるのに志半ばにしてしょうがなく辞めていく連中が多いからさ。こうやって『引退引退詐欺』みたいなことされると、無性に腹が立つよね」

   有吉さんの発言はウェブニュースに取り上げられたこともあり、注目を集めた。

   一方のmisonoさんは12日以降もブログを更新していたが、有吉さんの発言に直接触れることはなかった。ただ、15日のブログでは、13日深夜に田村淳さん夫婦に会い、泣いてしまったなどと報告していた。

   肝心の「なぜ涙を流したのか」には触れられていなかったが、その理由は後日、「泣かせた」張本人の口から明らかにされることとなった。

   有吉さんは26日の「SUNDAY NIGHT DREAMER」で、前週のテレビ番組収録時に淳さんから「そういやmisonoのこと、また何か叩いた?」と聞かれたと報告。「ラジオで言いました」と伝えると、淳さんは「misonoが泣きながらうち来てさ、『もう有吉さんにめっちゃ叩かれましたー!』って来たよ」と明かしたそうだ。

「misonoの周りは悪ばかり(笑)」

   この時点で、misonoさんの行動が「筒抜け」になってしまったわけだが、淳さんはさらに「来たよってこと、ラジオで言ってもいいよ」と、ネタにすることを「公認」したという。

   有吉さんらはこのエピソードを紹介しながら大爆笑。

「みんな悪いっていう(笑)」
「misonoの周りは悪ばかり(笑)」
「『アウトレイジ』じゃねぇか(笑)」(『全員悪人』がコピーの北野武監督映画)

などと盛り上がった。なお、本気か冗談か分からないが、有吉さんは「1度ゲストに来てほしい」とも提案していた。

   misonoさんは13年12月、30歳になる14年に芸能界を引退するとテレビ番組内で公表。また、14年の誕生日(10月13日)には「1万枚売れなかったらもうCDを発売できない」との名目でアルバムをリリースした。しかしその後、新しい仕事が決まったことや、CD販売のノルマ未達成などを理由に引退宣言を撤回。「引退詐欺」などと批判を浴びることとなった。

   もっとも、引退に対する思いは揺らいでいないらしい。15年4月3日のブログでは、

「『芸能界に、い続けたい!と思ってる』訳ないっしょ(笑)イジメられてるのに、味方のいない学校に、行きたいと思う?!通い続けられる?!」

などと「本心」を綴っている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中