トヨタ、クラブW杯スポンサーから撤退 「サッカーへの強い思いは変わっていない」

印刷

   トヨタ自動車が、サッカークラブ世界一を決める「クラブW杯」の冠スポンサーを2014年で撤退していた。15年4月30日、同社がJ-CASTニュースに明かした。

   クラブW杯前身の「トヨタカップ」が初開催された1981年からスポンサーを続けてきた。トヨタの広報担当者は撤退理由について「契約期間満了」を挙げ、「サッカーの裾野は広がっており、スポーツ普及、振興に対する一定の役割を終えた」と語った。ただ、「サッカー振興、スポーツに対する強い思いは変わっていない」と言い、サッカーへの支援活動は今後も続ける方針を示した。

   トヨタは14年11月にアジアサッカー連盟(AFC)とパートナー契約を締結しただけでなく、南米最強クラブを決める「リベルタドーレス杯」の協賛も続けている。

   クラブW杯は毎年開催され、15年と16年の会場は日本だ。しかし、各種報道によると今後の冠スポンサーは未定。国際サッカー連盟(FIFA)は新スポンサーを探している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中