国産ジェット旅客機MRJ、初飛行計画が4度目延期、大丈夫か 「パリ航空ショー」に間に合わなくなった!

印刷

   国産ジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」の初飛行が、従来の2015年4~6月予定から、9~10月に延期になった。開発主体の三菱重工業の子会社、「三菱航空機」(愛知県豊山市)が4月10日に発表した。

   ANAホールディングスへの初号機の納入時期の2017年4~6月に変更はないというものの、何が起きるか分からないのが、航空機開発の世界だ。納期を死守すべく、MRJ開発はいよいよ正念場を迎えている。

  • 機体の完成度を高めることを優先(画像はMRJのロールアウト式典)
    機体の完成度を高めることを優先(画像はMRJのロールアウト式典)

「開発の遅れではない」

「実際に初飛行をする際の機体の完成度を高めることを優先した」

   4月10日に記者会見した三菱航空機の岸信夫副社長はこう述べ、今回決定した初飛行の再延期は、開発が遅れているからではない、と強調した。岸副社長は「大きなトラブルが起きているわけではなく、初飛行の遅れではない。(スケジュールの)見直しだ」とも説明した。

   MRJの開発は現在、最終段階に来ており、エンジンや電子機器、動力機械などがうまく連携して作動するかどうかを確かめる試験を進めている。また、機体の強度などが設計データと試験データとの間にズレが生じていないかなども点検し、最終的な機体製造に反映させる。

   岸副社長らの説明によると、こうした試験を行うなかで、非常用発電装置の取り付け部などに構造変更を行う必要があることが明らかになった。それらの構造変更を反映し完成度の高い機体で初飛行に臨んだ方が、初飛行後の改修点が減るだけでなく、初飛行後に必要となる飛行試験をよりスムーズに進めることができる、と判断した。従って、想定外の大きなトラブルでスケジュールが遅れるのではなく、納期は守れるというのだ。

   MRJの開発スケジュール変更はこれで4回目だが、確かにこれまでは部品調達の遅れなど、「相手のある話」によるものが主因。これに対し、今回は自らのコントロール可能な範囲での見直し、という点は違うと言える。

採算ラインにギリギリの受注

   しかし、初飛行計画が4回目の延期となることは事実であり、影響をあまり過小評価しない方が良さそうだ。

   まずは受注拡大へのダメージだ。従来は初飛行のタイミングは今年4~6月と公表され、一部では「5月29日が有力」とされてきた。なぜ5月末かと言うと、6月にパリで開かれる世界最大の国際航空ショー「パリ航空ショー」に間に合わせるためだ。パリ航空ショーは西暦の奇数年、英国南部の「ファンボロー航空ショー」は偶数年に開かれ、ともに航空産業の見本市でもあり、大型商談の場でもある。

   MRJの初飛行が予定通りに実現すれば、飛行時の映像などを最大のアピール材料として売り込める場となるはずだった。「今までは実機がないままの商談だったが、実機が飛んでいれば商談の弾みになる」(三菱航空機幹部)からだ。しかし、一転して初飛行延期という逆風の中での受注活動を迫られることになり、受注獲得への影響は避けられそうもない。

   また、スケジュールを見直したことでリスクがなくなったわけではない。初飛行後の改修を減らしたいとはいえ、それは現時点で言える見通しにすぎない。他のメーカーがそうであるように飛行試験を行う中で大きな不具合が発生し、開発スケジュールを再度見直さなければならなくなるかもしれない。岸副社長も「予想しない事象が起こりうる」と認める。

   MRJは国内外の航空6社から、キャンセル可能な仮発注を含めて計407機を受注したが、採算ラインとされる400~500機にギリギリ到達したレベル。客を乗せて飛行した実績のないMRJに再度、納期遅れが発生すれば、受注に向けた影響は計り知れない。これから、いよいよ厳しいスケジュール管理が求められそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中