傘の「横持ち」は危険です! 娘をケガさせられた女性が必死の訴え

印刷

   前を歩く人の持つ傘が子供の顔をかすめる――そんな肝を冷やす経験をした人は少なくないのではないだろうか。駅や繁華街など人で賑わう場所は、より被害に遭う確率が高い。

   実際、どのような状況で被害に遭うのか。ライターのシノヅカヨーコさんは2015年5月7日にWebメディア「Spotlight」へコラムを寄稿、娘が他人の傘に傷つけられた経緯を記した。一歩間違えば大けがの可能性もあるだけに、大きな反響が寄せられている。

  • 意外とよく見る? 傘の「横持ち」
    意外とよく見る? 傘の「横持ち」
  • ネット上では注意喚起ポスターを作る動きも(画像は皮算積人さんのホームページ「Grayscale Lovers」より)
    ネット上では注意喚起ポスターを作る動きも(画像は皮算積人さんのホームページ「Grayscale Lovers」より)

「あなたの傘が、刺さったんですよ!」

   コラムによると、事故は5月6日正午ごろ、人の多い駅構内で起こった。シノヅカさん親子は電車を降りて構内へと続く階段を上っていた。娘は右手にシノヅカさんの手、左手に手すりを握っていた。前を行く女性は傘を持っていたが、柄ではなく中ほどを握るスタイル。娘の顔の高さで先端が揺れ、危険な状態にあった。シノヅカさんはコラムで「横持ち」と名付けている。

   女性は階段を上り切る直前、中ほどから柄に持ち替えた。その時、傘の先端が娘の顔に落下。娘は顔面を突かれた衝撃で階段を2段ほど落ち、泣き出した。女性は気がついて振り返ったものの、舌打ちをしてそのまま立ち去ったという。シノヅカさんはとっさに「あなたの傘が、刺さったんですよ!」と叫んだが、「ムスメのフォローが最優先」として被害届を提出したり、女性の容姿をネットに晒したりはしなかったという。ただ、娘は目の下に切り傷と軽い打撲を負った。

   シノヅカさんは6日、被害に遭った駅が上野駅であることや、娘のケガが「腫れもおさまり赤い切り傷が少しだけ」という程度に回復したことをツイッターで報告している。その際、「傷害で訴えるべき」「ツイッターで特徴を晒すべき」など女性を非難する声が上がった。

   ただ、コラムに登場する女性のように、傘を横に持つ人は案外多いようだ。

   消費者庁のサイトでは、「雨上がりに、傘を持って子どもと歩いていました。傘の中央を握って地面と水平にして持っていたのですが、急に立ち止まったところ、すぐ後ろにいた子どもの肩を傘の先端で突いてしまいました」という30代男性の報告が紹介されている。

   東京都も13年6月、「降雨時における身の回りの危険」について都民3000人を調査し、結果を公表した。「横持ち」とは書かれていないものの、4人に1人が階段や人混みで、前の人が持つ傘にケガを負わされた、もしくは負わされそうになったと回答している。

   ケースはさまざまだが、思わず突いてしまった、突かれてしまったという人は多いらしい。

   被害を未然に防ごうとする動きも起こっている。ライトノベル作家の皮算積人さんは14年4月、「横持ち」の危険性を喚起するポスターをネット上に公開した。「キミの傘、後ろの人の目の高さ。」というコピーを入れたこのポスターは反響を集め、ツイッターで2万回以上もリツイート(拡散)されている。

水平持ちの時、傘に加わる力は30キロ

   では、なぜ傘を「横持ち」してしまうのか。2014年6月放送の情報番組「金だイチ」(NHK)は、傘の水平持ち(横持ち)をする心理や危険性を紹介している。

   番組が岡山駅周辺で、傘の水平持ちをしている人にインタビューしたところ、「理由は特にない」「持ちたい気分だった」「後ろの人が避けてくれる」など明確な理由は挙がらなかった。

   出演した心理カウンセラー・山中臣宣(しげのぶ)さんも「傘の水平持ちをしてしまう人は、そもそも危険と思っていないので、無意識のうちに、バランスのとりやすい、歩きやすい持ち方、カバンを下げるような傘の持ち方をしてしまう」と語った。利便性を考えると、無意識に持ってしまう。そんな人が多いようだ。

   ただ、番組内の実験で、地面と水平方向に持った傘を振りながらモノに当てた時、傘にかかる衝撃が30キロと判明した。目に当たれば、傷つく可能性は高い。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中