デアゴスティーニ、ネタ切れ? 一般からアイデア募集

印刷

   「週刊〇〇」シリーズでおなじみのデアゴスティーニ・ジャパンが2015年5月13日から、「週刊『〇〇』アイデアマン募集」と題した公募キャンペーンを開始した。

   デアゴスティーニは、趣味の世界の本格的な知識やハウ・ツーを分冊で少しずつ紹介する「パートワーク」形式で雑誌を発行している出版社。1901年にイタリアで創業し、日本には88年に上陸した。以来、ユニークなテーマの雑誌を次々と世に送り出してきたが、キャンペーン告知動画によると、2015年、ついに「アイデアが枯渇」。そこで新時代を切り開くアイデアマンを募集することとなったそうだ。

   参加方法は、デアゴスティーニで出版してほしいパートワーク商品のアイデア(コンセプト)を108文字以内にまとめて、専用サイトから応募するだけ。キャンペーン賞金は総額100万円で、優秀なアイデアは商品化される可能性もあるという。締め切りは7月20日。受賞者は8月に発表予定だ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中