DeNAが「命がけ」でハンドルを切った!「ロボットカー事業に参入」の真の狙い

印刷

   Eコマースやソーシャルゲーム事業などを手がけるディー・エヌ・エー(DeNA)が、オートモーティブ事業に参入する。

   ベンチャー企業のZMPと提携し、クルマの自動運転技術を利用した「ロボットタクシー」や「ロボットバス」の運行実現に向けた研究開発を行う合弁会社を設立することで合意。今後、自動運転技術の向上やサービスモデルの検証などの実証実験を重ねていく。

  • DeNAが「ロボットタクシー」事業に参入!(画像は、DeNA「オートモーティブ」事業のホームページ)
    DeNAが「ロボットタクシー」事業に参入!(画像は、DeNA「オートモーティブ」事業のホームページ)

「ゲーム以外で、構造的な強みをもつ事業をつくる」

   DeNAとZMPは2015年5月29日にも、合弁会社「株式会社ロボットタクシー」(仮称)を設立する。資本金は7億円で、出資比率はDeNAが66.6%、ZMPが33.4%となる。

   ZMPは、自動車の自動運転技術の開発用プラットフォーム 「RoboCar」シリーズやセンサシステムの開発・販売や、自動車や建設機械、農業機械、物流搬送向けに自動運転技術を開発しているベンチャー企業。

   合弁会社では、ZMPの自動運転技術とDeNAのインターネットサービスのノウハウを連携させることで、自動運転技術を活用した「ロボットタクシー」や「ロボットバス」などの実現に向けた研究、開発などを行う。第1弾として、自動運転技術の向上やサービスモデルに関する実証実験を進める。

   5月12日に開かれた2015年3月期の決算説明会で、DeNAの守安功社長はオートモーティブ事業に参入について、「ゲーム以外で、構造的な強みをもつ事業をつくろうと考えた」と説明。「(事業は)技術の向上や法整備のスピード感を見ながら進めていく。また、大きな資金を必要とするので、他のプレーヤーとの協業の可能性も検討する。高齢者社会や過疎化の進展で、病院や買い物に行かれなくなる人は増えてくる。日本の将来を考えるうえで、社会に貢献できる事業として大きな役割をもっていると思う」と語った。

   収益面でも大きな期待を寄せている。

   そうした中で、守安社長はNewsPicksのインタビュー(5月13日付)で、事業への意気込みを聞かれ、「うまくいかなかったらやめる、ということはしません。『失敗したら死ぬ』覚悟はありますよ」と、答えている。DeNAは「不退転の決意を語ったもので、その想いは十分に伝わったと考えています」という。

2015年3月期決算は減収減益、次の事業の柱を模索中?

   DeNAの守安功社長の「覚悟」にインターネットでは、

「自動制御機能の技術は上がってるやろけど、完全自動はまだ早いやろなぁ」
「いや、失敗したとき死ぬのはDeNAじゃなく顧客だから」
「失敗したら死ぬ。株主が」
「何十年先を見据えてんねん。その頃にはもうDeNAないわ」

と辛らつな声がある。

   その半面、人工知能を利用した自動運転カーの開発は2010年に米Googleが参入を発表。すでにカリフォルニア州の公道で走行テストを実施したともいわれ、また自動運転カーを利用した配車サービスも検討しているとされることから、

「なんだかドラえもんの世界だな。でも、悪くないかも」
「案外いいんじゃね?」
「ニーズがあることはたしかだ」

と、応援する声も寄せられている。

   とはいえ、DeNAの2015年3月期の連結決算は、売上高にあたる売上収益が前期比21%減の1424億円、営業利益は53%減の247億円、純利益は53%減の149億円だった。減収減益の原因は、主力の国内ゲーム事業の不振が響いたためだ。

   DeNAはこれまで、ショッピングモールやモバイルオークション、ソーシャルゲームと着実にインターネット事業を進化、拡大させてきた。それが頭打ちとなりつつあるなか、2014年7月には東京大学医科学研究所の協力を得て、遺伝子検査サービス「MYCODE(マイコード)」を開始。また、住友商事との合弁会社「DeSC ヘルスケア」を設立して健保向けサービスにも進出するなど、新たに「ヘルスケアサービス」事業に踏み込んだ。

   最近ではゲーム事業のテコ入れのため、任天堂とも資本・事業提携を結ぶなど、今後の展開として「巨大産業との『共創』」を掲げて、経営の多角化に乗り出している。オートモーティブ事業も、その一つだ。

   インターネットには、

「これは迷走やな。あっちこっちに手広げて結局全部失敗しそう」
「落ち目だから各方面に手を出してしまうのか。手を出すから落ち目になってしまうのか」

といった声もある。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中