吉野家が11種類の温野菜を使った「ベジ丼」を発売

印刷

   牛丼チェーン大手の吉野家は、11種類の温野菜を使用した新商品「ベジ丼」「ベジ牛」「ベジカレー」の販売を2015年5月21日から発売すると15年5月14日に発表した。一日に必要とされる野菜の半分を摂取できるという。

   値段は「ベジ丼」が税込530円、「ベジ牛」「ベジカレー」は同650円。「ベジ牛」は「ベジ丼」に牛肉を加えたもので、「ベジカレー」は「ベジ丼」にカレールーをかけている。

   使う野菜はオクラやインゲン、ニンジン、キャベツ、ニラ、パプリカなど。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中