浅田真央「現役続行」に警戒するロシア 「大人のスケート」で10代女王に対抗

印刷

   フィギュアスケートの浅田真央がカムバック宣言。「大歓迎」の声が収まると「大丈夫なのか」の指摘が出ている。

   期待と不安の中の再出発である。

  • もう「ハーフハーフ」じゃない(2014年撮影)
    もう「ハーフハーフ」じゃない(2014年撮影)

まさかのキム・ヨナ復帰?

   現役復帰の記者会見は2015年5月18日。200人を越える報道陣を前にファン待望の意思表示だった。

「自然に試合に出たくなった」

   昨年の現役続行「ハーフハーフ」発言から1年。この期間は、自分探しだったようだが、結局、それを充電の時として戻ることになった。決め手のひとつになったのが先輩にあたる伊藤みどりの言葉で、浅田は「継続は力、と言われました」と明かした。

   スケート界からは激励のコメントが相次いだ。男子の織田信成は「(浅田を)アイスショーで見るより現役で見たかった」と喜んだ。

   外国メディアも素早く反応した。

「とんでもない競争相手が戻ってきた。(浅田は)技術も芸術性も持っている選手だ」

とはロシア。現在の世界女王トゥクタミシェワ(18歳)ら10代のホープを育成中だけに警戒心は強い。

   韓国も同じだ。

「キム・ヨナのいない氷上に帰ってきた」

   そのキム・ヨナは18年の平昌冬季五輪の広報大使を務めているのだが、浅田カムバックを受けて「戻ったらどうか」との声が出ているという。浅田に勝てるのはキム・ヨナだけだ、と。

佐藤信夫コーチ「試行錯誤していきたい」

   浅田の会見を振り返ると、不安を感じさせる面もあった。世界トップレベルにもう一度引き揚げる大変さを知っているからなのだろう。すでに世界の強豪は4回転ジャンプを組み込んだプログラムで練習しているという。さらに進化した技術に挑戦していくことになる。

「大人のスケートをしたい」

   浅田は24歳の年齢を意識した豊富を語った。新しい浅田を見てほしい、ということなのだろう。

   最大のポイントは年齢だろう。9月には25歳になる。浅田自ら認める「ベテランの年齢」だ。

   佐藤信夫コーチの言葉は重い。

「ある年齢を超えると故障が出たり、練習が軌道に乗らなかったりする。練習量の問題も出てくる」

   一流選手の復帰を指導するのは初めてという佐藤コーチ。「試行錯誤していきたい」というのは本音だろう。

   すでに世界へ向けての練習はしているという。そのうえでカムバックを決意したのだから、それなりの自信も戻ってきたのだろうと思う。日本の後輩選手に最高の刺激にもなる。

(敬称略 スポーツジャーナリスト・菅谷 齊)

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中