HIV感染者、20代が過去最多に 他の年代に比べ増加傾向目立つ

印刷

   厚生労働省のエイズ動向調査委員会は2015年5月27日、14年に新たに報告された20代のエイズウイルス(HIV)感染者は349人で、統計を取り始めた1985年以降で最も多かったと発表した。年代別でも、30代の347人を抜いて12年ぶりに最多となった。

   人口10万人当たりの感染率を見ても、20代は他の年代に比べて増加傾向が目立っているという。

   14年の1年間に報告されたHIV感染者は1091人で、検査を受けないままエイズを発症した患者は455人だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中