競泳・冨田選手に有罪判決 カメラ窃盗事件

印刷

   2014年9月に韓国・仁川で行われたアジア大会の会場で、韓国メディアのカメラを盗んだとして窃盗罪で略式起訴され、後に無実だと主張した競泳の冨田尚弥選手(25)に対し、仁川地裁は2015年5月28日、求刑通り罰金100万ウォン(約11万円)の有罪判決を言い渡した。

   盗まれたカメラは選手村の冨田選手の部屋から見つかった。冨田選手は当局の調べに一度は盗んだことを認め、略式命令を受けて罰金100万ウォンを納付し、帰国した。だが14年11月の記者会見で犯行を否定し、「アジア系の見知らぬ男にバッグを奪われ、カメラを入れられた」などと主張。これまでの裁判でも、検察側が証拠とする防犯カメラの映像が不鮮明だとして無罪を主張してきた。

   複数報道によると、判決では、防犯カメラの映像から第三者の存在は「確認できない」と判断。冨田選手が主張する、カメラが自分の部屋から見つかった経緯については「奇妙で信じがたい」とした。

   判決を受け、冨田選手は手にしたメモを見ながら「私の主張が認められず残念です。今は悔しくてたまらないというのが私の正直な気持ちです」などとコメントした。7日以内に控訴するかどうかを弁護士と相談して検討するという。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中