噴火の次は小笠原地震 東日本大震災との関連は?

印刷

   小笠原西方沖で2015年5月30日夜に起きた地震は、震源から1000キロ以上離れた仙台や福岡など、日本全国で揺れを感じる珍しいものだった。特に首都圏では最大で震度5強を観測し、エレベーターに閉じ込められたりするトラブルが相次いだ。

   発生直後、気象庁は地震の規模をマグニチュード(M)8.5と発表。11年の東日本大震災(M9.0)に次ぐ規模の数字だったこともあり、5月29日に起きた口之永良部島の噴火と合わせ、ちょっとした関心を集めている。

  • 全47都道府県で震度1以上の揺れが観測された(図は気象庁の発表資料から)
    全47都道府県で震度1以上の揺れが観測された(図は気象庁の発表資料から)

全47都道府県で震度1以上の揺れを観測

   地震は5月30日20時24分頃起き、震源に近い東京都小笠原村母島と神奈川県二宮町で震度5強を観測したのをはじめ、全47都道府県で震度1以上の揺れを観測した。震源の深さは当初590キロメートルだと発表されたが、5月31日には分析を反映した結果として682キロに修正された。規模が大きく、震源が深かったことが広い範囲で揺れた原因だ。

   特に首都圏では大きな揺れを観測。揺れがプレートを伝わったため、あまり弱くならなかったことが原因だとみられるが、鉄道各線が一時運転を見合わせるなど大きく混乱した。エレベーターも少なくとも数千台が停止。渋谷ヒカリエでは男性が閉じ込められたほか、六本木ヒルズ森タワーや横浜ランドマークタワーでは展望台の来場者が足止めされた。

過去のM8級の震源は0~100キロ

   今回の地震の規模は、31日夕に修正発表があり、M8.1。1885年から今までに日本周辺で観測されたM8以上の地震は、今回を含めて15回しかない。最も規模が大きかったのが11年3月11日の東日本大震災(M9.0)。その次に規模が大きかったのがM8.2の地震は1896年に三陸沖、1952年に十勝沖、1994年に北海道東方沖、2007年に千島列島で起きている。今回と同じM8.1の地震は1933年に三陸沖、1958年と1963年に択捉島南東沖で起きている。ただ、これらの地震の震源の深さは0~100キロと、今回の地震に比べると、かなり浅い。

   今回の震源付近では太平洋プレート(岩板)が急角度で地下に潜り込んでおり、深く潜り込んだプレートの中で地震が起きたとみられている。深さ100〜200キロ以上の場所で起きる地震は「深発地震」と呼ばれ、今回もこれにあたる。

   今回の地震と同じ小笠原諸島西方沖では、たびたび「深発地震」が起き、比較的広い範囲で揺れが観測されている。2010年11月30日には、M7.1の地震が起き、震源の深さは494キロ。宮城県から神奈川県にかけて震度3の揺れを観測した。00年8月6日には、M7.2の地震が発生。震源の深さは445キロで、山形県から神奈川県にかけて震度3の揺れを観測した。1998年8月20日にはM7.1の地震(震源深さ467キロ)が起き、埼玉県と千葉県で震度3だった。

   今回はこれらの地震よりも規模が大きく震源が深かったため、その影響も広がった。

   このように、今回の地震は東日本大震災とは違った環境で発生しており、各紙も「東日本大震災と違う仕組み」(読売新聞)などと報じている。それでも、ツイッターなどでは

「最近は天災が多くて不安になる」
「最近地震多いのが不安です」

といった漠然とした不安を訴える声が相次いでいる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中