内定取り消し騒動の笹崎アナ、番組デビュー「芯のある女性に」

印刷

   内定取り消し裁判で注目を集め、2015年4月に日本テレビに入社した笹崎里菜アナウンサーが6月3日放送の同局系バラエティー番組「1億人の大質問!? 笑ってコラえて!」に出演し、番組デビューを果たした。

   笹崎アナは「1年たったらこうなりましたの旅」と題した新コーナーに、同じくこの春からアナウンス部に配属された尾崎里紗アナ、平松修造アナとともに登場。1年後の自分について語る30秒スピーチでは「泣き虫なので泣かないようにしたい」「世間の目に負けず、芯のある女性になりたい」などと抱負を語った。番組では1年間、3人に密着取材するという。

   笹崎アナは内定後に東京・銀座のクラブでホステスのアルバイトをしていたことを申告したところ、「アナウンサーに求められる清廉性に相応しくない」などとして一度は内定を取り消された。その後、自ら裁判を起こし、和解が成立。4月にアナウンサーとして入社していた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中