FIFA会長選にジーコ氏出馬か 「私の人生は常にサッカーと共にある」

印刷

   国際サッカー連盟(FIFA)の会長選挙で5選を果たしたばかりのブラッター氏が2015年6月2日、緊急会見を開いて辞任を表明した。後任の会長を選ぶ選挙は12月に行われる予定だが、サッカー元日本代表監督のジーコ氏が名乗りを挙げる可能性が出てきた。

   ジーコ氏は自身のフェイスブックで6月3日、「私の人生は常にサッカーと共にある。まだ支援は得ていないが、道が開かれているのならFIFAの選挙に立候補することは可能だ」と投稿した。ただし「まだ思いつきの段階」とも書かれている。

   ジーコ氏は現役時代にブラジル代表として活躍し、引退後にはブラジルでスポーツ担当相に任命された。1991年に鹿島アントラーズで現役復帰すると、Jリーグの発展に貢献。現役を退いた後は日本代表監督として、2006年のサッカーワールドカップ・ドイツ大会を指揮した。フェイスブックには、日本での実績についても触れられていた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中