競泳・冨田選手が控訴を断念 カメラ窃盗で有罪判決確定へ

印刷

   2014年9月のアジア大会でカメラを盗んだとして窃盗罪に問われ、韓国・仁川地裁から罰金100万ウォン(約11万円)の有罪判決を受けた競泳の冨田尚弥選手(26)が2015年6月4日、名古屋市内で記者会見し、控訴しない方針を示した。

   各種報道によると、冨田選手は会見の席で「こちらの言い分を何も聞いてもらえないまま有罪と判断され、勝てない裁判をこれ以上戦っても意味がないと思った」と語ったという。今後の競技生活にも言及し、「今は給料やサポートがあるわけではないので、(続けていくのは)難しいと思う」と明かしたという。

   冨田選手は仁川アジア大会の競泳会場でカメラを盗んだとして略式起訴、罰金を納付した。しかし、その後一転して無実を訴え、仁川地裁に正式裁判を申し立てていた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中