TSUTAYAが映画監督をプロデュース? 企画書募集中、優秀作品は最大5000万円の製作費支援

印刷

   TSUTAYAを運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)グループは2015年6月16日、クリエイター発掘プロジェクト「TSUTAYA CREATORS' PROGRAM」の第1弾として、「映像クリエイター発掘」を開始すると発表した。

   プロジェクトを主催するCCCグループのカルチュア・エンタテインメントとT-MEDIAホールディングスが、クリエーターの発掘から作品製作、レンタル・販売までを総合的に手掛ける。

   第1弾「映像クリエイター発掘」は、60分以上となる長編実写映像の企画書をプロ・アマ、年齢、性別、国籍、学歴問わず、8月16日まで募集する。1エントリー当たり3000円(税込)のエントリー料がかかる。

   その後、1次、2次、最終審査を経てグランプリ1作品、準グランプリ2作品を選ぶ。最終審査会では、映画プロデューサーの阿部秀司さん、映画監督の大谷健太郎さん、本木克英さんなどが審査員を務める。

   受賞作品については、資金や制作体制をバックアップし、各上限5000万円の製作費も準備する。

   完成した作品は全国のTSUTAYAをはじめ、CD/DVDレンタルサイト「TSUTAYA DISCAS」や動画配信サイト「TSUTAYA TV」で独占レンタルを展開する。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中