伊藤忠、シェールガス事業から撤退 1ドルで売却

印刷

   伊藤忠商事が、米国でのシェールガス事業から撤退した。日本経済新聞などが2015年6月24日付で報じた。同社は、米国で石油・ガス開発を手がけるサムソン・リソーシズの株式25%を保有していたが、6月に同社へ1ドルで売却した。ガスや原油の価格が下落し、現在のガス価格では事業の継続がむずかしいと判断した。大手商社がシェールオイル・ガス事業から撤退するのは初めて。

   米サムソン・リソーシズが6月19日に米証券取引委員会に、伊藤忠が保有していたサムソン株すべてを1ドルで買い戻したと報告していた。

   伊藤忠は2011年、米投資ファンドなどと共同でサムソン・リソーシズを買収。約780億円を投じていた。しかし天然ガスの価格下落が響き、伊藤忠は13年3月期からの3年間で、米国でのシェールガス事業に合計で1000億円超の損失を計上していた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中