「絶歌」、貸し出し制限のケースに当たらず 日本図書館協会が発表

印刷

   1997年に神戸市須磨区で起こった連続児童殺傷事件の加害男性(32)が「元少年A」として出版した「絶歌」(太田出版)について、全国の図書館が加盟する「日本図書館協会」は2015年6月29日、貸し出しを制限するケースには当たらないとの見解を発表した。

   見解は公式ホームページに掲載。同協会が1954年に採択した綱領「図書館の自由に関する宣言」(79年改定)にある「(図書館は)個人・組織・団体からの圧力や干渉によって収集の自由を放棄したり、紛糾をおそれて自己規制したりはしない」「図書館は、正当な理由がないかぎり、ある種の資料を特別扱いしたり、資料の内容に手を加えたり、書架から撤去したり、廃棄したりはしない」といった文章を引用し、「絶歌」の収集や貸し出しに制限をかけない方針を示した。

   「絶歌」をめぐっては、殺害された児童の父親が出版中止を求め、一部の図書館が購入を見送るなど波紋を呼んでいる。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中